藤井聡太四段が連勝記録更新!アスペルガー症候群の噂の真相や賞金や年収は?

hujii

 6月26日午前10時から行われた「第30期竜王戦」決勝トーナメント1回戦で史上最年少のプロ棋士・藤井聡太四段(14)と増田康宏四段が対局し、30年ぶりに最多連勝記録を塗り替え、連勝記録を伸ばし続けている。

 

 次の対局は7月2日に行われる竜王戦決勝トーナメント2回戦。対戦相手は佐々木勇気五段(22)。勝てば連勝記録を更に更新し「30」の大台に突入する。

 

 佐々木五段は若手棋士の登竜門と言われている「加古川青流戦」で優勝経験もあり、プロ入り7年目で若手の実力派選手として注目を集めている。

 

 

スポンサーリンク

藤井聡太プロフィール

hujii2

 

生年月日:2002年7月19日

年齢:14歳(2017年6月時点)

出身地:愛知県瀬戸市

学校:名古屋大学教育学部附属中学校在学

職業:将棋棋士

プロ入り年月日:2016年10月1日

棋士番号:307

段位:四段

師匠:杉本昌隆

 

藤井聡太四段はアスペルガー症候群?

 

藤井四段はその圧倒的な将棋の強さから、一部ではアルペルガー症候群なのでは?という噂がある。

 

アスペルガー症候群の特徴として挙げられる一つのうちに、「ある特定の分野に特化した能力」例えば、絵であったり、数学であったり、昆虫や動物の名前を全て記憶できるといった事があります。

 

藤井四段は中学校を卒業した頃に、大阪市にある関西将棋会館まで奨励会例会に1人で行ってきた時には、将棋会館に服や傘など全て忘れて帰宅したことがあり、母親から「生活能力が低い」と言われた事があるという。

 

このようなエピソードや対局中の集中力や戦歴から、アスペルガー症候群の典型的な症状と一致するため、「藤井聡太四段はアスペルガー症候群なのでは?」という噂がたったようだ。

 

しかし、芸能人のアスペルガー症候群疑惑は多くあり、そのほとんどが何の確証もない”ただの噂や推測”でしかなく、藤井四段に関しても、ただの推測に過ぎないのではないか。小学4年生のころからプロ育成機関である奨励会に入り、勝利へ執着し努力してきたからの、今の戦績があり、将棋会館で物を忘れてきたのも、普通の中学生に普通に有り得るできごとだ。アスペルガー症候群だと断定する要素は一切ない

 

2chの掲示板ではアスペルガー症候群について多くの持論が展開されている

 

11: 2017/06/20(火) 23:06:58.132 ID:qRBQuh2h0
んー、マスコミがこういう発達障害の特殊能力を、普段は変わり者というくくりですますのが、いつまでたっても日本での発達障害に対する理解を広める邪魔をしているなと思って

 

31: 2017/06/20(火) 23:21:04.904 ID:bE3tY+kE0
発達障害やアスペと呼ばれる類は人類の進化種なのにそれに嫉妬した原始猿共が病気認定して蔑むんだよな
もっと進化種が増えて馬鹿は迫害されればいいのに

 

865: 2017/06/22(木) 01:15:43.08 ID:xt1WnUcp0
アスペやサヴァンとかいう人いるけど
アスペとかは他者の心を読むことが苦手なんだよね
人間対人間の将棋には心理戦の一面もある
人の心を読めない人間には厳しい
また、藤井くんは勝利の後、やや慇懃なぐらい敗者に慮った発言をしている
人の心に配慮し、
また第三者に自分をどう見えているかを考え、
慎重に言葉を選んでいるのは誰が見ても明らかでしょ
望外、僥倖、どちらもそんな気遣いの中から出てきた言葉であることは間違いない

 

39: 2017/06/21(水) 02:46:56.406 ID:RtEHnqAo0
藤井君受け答えもしっかりしてるし運動能力も高いし発達障害どころか万能型だろ

 

42: 2017/06/21(水) 02:59:31.215 ID:r7jyOyGEd
そもそも仮に発達障害でもだからなんだって話なんだよな
こういう色眼鏡でみるのは避けるべきだろ

 

(出典:2ちゃんねる

 

藤井聡太四段の収入は?

 

藤井四段は昨年10月にプロ棋士としてデビューし、現在、無敗の連勝中です。

プロ棋士の主な収入源

・対局料
・賞金

有名な棋士であれば、さらに

・CM、イベント、講演会
・指導料

この4つになります。

 

現在プロ棋士は約160名ほどいるようですが、そのほとんどの棋士は年間1000万円以下で新人や、収入の少ない棋士(対局に勝てない棋士)はサラリーマンと同じで年間300~400万といわれており、1000万を超える棋士は全体の10%だそうです。全体的な平均としては700~800万くらいと言われています。

 

賞金

将棋に興味がない人でも「竜王戦」という言葉は耳にした事がある人は多いのではないでしょうか?この竜王戦は賞金額がタイトル戦の中でも一番高く、第24期の優勝賞金は4200万円で敗者賞金は1550万円と驚きの金額になっていました。

 

竜王戦・・・優勝賞金は4200万円
名人戦・・・非公開ですが、2000~2500万円
王位戦・・・700万円程度
王座戦・・・500万円程度
棋王戦・・・500万円程度
王将戦・・・300万円程度
棋聖戦・・・800万円程度

 

将棋連盟から支給される基本給

 

基本給はランクにより変わります。

 

B1級:約50万円 
B2級:約30万円
C1級:約20万円
C2級:約15万円

 

藤井四段は現在は「C2級」という階級にいますが、若干14歳にして月収15万は本当にすごいです藤井四段は昨年10月にデビューした新人棋士にも関わらず、すでに今年の年収は獲得賞金などで1000万円を超えていると予想できます。

 

今、対局している第30期竜王戦も勝ち進んで見事優勝できれば14歳ながら4200万円の賞金を獲得できます。

 

プロ棋士の年収ランキング

・羽生善治 二冠 9,886万円
・渡辺 明 竜王 8,365万円
・久保利明 二冠 4,659万円
・森内俊之 名人 3,371万円
・丸山忠久 九段 2,643万円
・深浦康市 九段 2,145万円
・木村一基 八段 2,052万円
・広瀬章人 七段 2,005万円
・佐藤康光 九段 1,920万円
・郷田真隆 九段 1,679万円
・三浦弘行 八段 1,650万円
・橋本崇載 八段 1,498万円
・山崎隆之 七段 1,405万円
・屋敷伸之 九段 1,333万円
・豊島将之 六段 1,286万円
・谷川浩司 九段 1,220万円
・佐藤天彦 六段 1,148万円
・藤井 猛 九段 1,107万円
・高橋道雄 九段 1,088万円
・糸谷哲郎 六段 1,035万円

 

ネットの反応

 

スポンサーリンク