【犯人画像】欅坂46の握手会で発煙筒事件まとめ!犯人の狙いは平手友梨奈?

keyakizaka

 6月24日、千葉・幕張メッセで開催されたアイドルグループ「欅坂46」の4thシングル「不協和音」発売記念個別握手会が行われた際に、果物ナイフを所持していたとして、銃刀法違反の疑いで札幌市白石区の無職阿部凌平容疑者(24)が逮捕される事件が起こった。

 

スポンサーリンク

事件の概要

 

 阿部容疑者は欅坂46のセンターを務める平手友梨奈(16)と柿崎芽実(15)の列に並んでおり、手荷物置き場で持参した発煙筒に点火。場内は騒然となりましたが、すぐさま駆けつけた警備員に取り押さえられ、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕された。

 

画像左が柿崎芽実、右が平手友梨奈

keyakizaka

 

 

 駆けつけた警察官が阿部容疑者の所持品を調べたところ、バッグの中から果刃渡り12センチ余りの物ナイフと催涙スプレーがみつかった。千葉西署の調べによると阿部容疑者は欅坂46のメンバー一人の名前を挙げ「刺して殺そうと思った」と供述している。ネット上ではこの犯行は「犯人は金で誰かに雇われた」という憶測も飛び交っているが、真偽のほどは定かではない。

 

事件の犯人

 

札幌市白石区の無職阿部凌平容疑者(24)

 

 

 

 写真を見てみると白のキャップに黒ぶち眼鏡。そして、マスクをしているのが伺える。警察での取り調べでも欅坂46のメンバー一人の名前を挙げ「刺して殺そうと思った」と供述している。白のキャップにマスクで顔を隠していることからも、計画的な犯行と言うのが伺える。

 

警備体制に不安の声

 

 過去には2014年に岩手県にて行われたAKB48の握手会でノコギリを持ったファンが、川栄李奈さんと入山杏奈さん及びスタッフ3名を切りつけるという、痛ましい事件もあり、握手会での警備体制については、これまでに何度も対策が練られてきました。

 

 それでも尚、ファンの間では警備体制に対する不安や不満の声があがっていました。

 

 

 

 

 阿部容疑者が持参したナイフはバッグの中に入っており、手荷物検査ではバッグの中は目視するだけで、細かな確認などは行われていなかったという。金属探知機による検査も実施されていたようだが、身体のみが対象となっており、バッグの中までは細かな確認が行われたかった模様。

 

 事件の翌日も握手会が予定されていたが、中止になることはなく、公式サイトが25日朝の更新で

 

「本日開催の個別握手会におきまして、会場内へのご入場は本日使用可能な個別握手会参加券をお持ちの方のみのご入場とさせて頂きます」

 

と入場制限をした。またその後、再び公式サイトで更新があり

 

「本日は手荷物検査も普段より厳重にさせて頂いており、ご入場にお時間がかかってしまいご迷惑をおかけして申し訳ございません。お客様にはお手数をおかけしますが、早めにご来場頂きますようお願い申し上げます」

 

「もし、本日の個別握手会会場内で不審な物、不審な人物を見かけたら、お近くのスタッフまでお声掛けください」

 

と、手荷物検査をより厳重に行う旨を発表した。

 

25日の握手会のメンバー欠席

 

 24日の事件を経て、翌日も中止することなく握手会は開催されたが、平手友梨奈、志田愛佳、柿崎芽実、小池美波が丸1日欠席し、長濱ねる、土生瑞穂の2人も一部のスケジュールを欠席した。

 

 欠席した理由としては「体調不良」と発表しているが、前日の事件を重く見ての措置である。

 

ネットの反応

 

スポンサーリンク