インパルス堤下敦が睡眠薬を飲み運転!謝罪会見フル動画あり!干された原因は黒沢への苛め?証拠動画あり!

tutumisita

 6月14日午前2時30分前、お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦さん(39)が東京都狛江市東和泉の世田谷通りで、睡眠薬を飲んだ状態で車を運転し、意識がもうろうとした状態で警察官から職務質問を受けた。警視庁は道路交通法違反での立件も視野に入れ操作している模様

 

 堤下さんは狛江市東和泉の世田谷通りを銭湯から自宅への帰り道、自身の車を運転していたところ、道路のセンターラインにむかって徐々に停車した。この時、堤下さんは意識がもうろうとした状態でハンドルに顔を突っ伏しているところを通りがかったタクシーに通報され、駆けつけた警察官からの職務質問で「睡眠薬を飲んだ」と答え、警視庁はそのまま14日の午前まで事情を聴いていたという。

 

 警視庁の調べによれば、堤下さんが運転していた車には縁石などに接触した跡が残っており、睡眠薬などの薬物により正常な判断が行えない状態で車を運転したことを禁じている、道路交通法違反に抵触する可能性があるとして現在、捜査を進めている模様。

 

スポンサーリンク

謝罪会見の動画(ノーカット)

 

 

ニュースの動画

 

 

服用した薬

 

睡眠導入薬

・ベルソムラ20ミリグラム、1錠

・レンドルミンD錠0.25グラム、1錠

 

アレルギー薬

・アレジオン錠20ミリグラム、2錠

 

 堤下さんは1ヶ月ほど前からアレルギー症状に悩んでおり、かかりつけの病院で上記の薬を処方され、服用したのは今回が初めてだという。

 

 自宅付近の銭湯の入浴後にいつも飲んでいる牛乳を飲み、そのついでに薬を服用したといい「銭湯から自宅まで10分かからない場所。薬が作用するまで多少すると(情報を)目にしたので飲んでしまった」とコメント。また医師から車の運転前には服用を控えるというように指示はあったようだが、「近所だったので、効率よく家に帰ってちょうど利いてきて寝れるな。と僕が勝手に思ってしまって。僕の勝手な判断で今回そういうふうにしてしまって、今回この件が起きてしまったなという。」と振り返った。

 

謝罪の言葉

 

今回、こういうことを起こしてしまいたくさんの皆さん、家族、相方、会社の人に迷惑をかけてしまった。

 

僕以外のものを傷つけなかったのが不幸中の幸いでした。もちろん反省はたくさんしています。二度とこういう事故を起こさないようにします。全て僕の責任、認識不足、認識の甘さでした。

 

堤下敦は干された?

 

 2005年から始まったキングゴングが司会を務め、中高生を中心に当時大人気であったフジテレビ系バラエティ番組「はねるのトびら」にインパルスでレギュラー出演。しかし堤下さんは当時がテレビ出演のピークであり、徐々にテレビで見かけることは減っていった。しかし相方の板倉さんはピンでの仕事も増え、仕事が減ったのは堤下さんだけという状況に陥っている。

 

そんな堤下さんだが、干されたと噂されている原因が同期の女性お笑いトリオ、森三中の黒沢への陰湿なイジメが噂されています。

 

テレビ関係者はこうコメントしている。

「ネット配信サービスで、悩み相談を吐露した一般女性に対し『喧嘩してぇのか、コラ!』と暴言を吐いたことが原因と言われていましたが、実際は違うようです。森三中・大島が生放送のバラエティ番組で、堤下が黒沢かずこに陰湿なイジメをしていたことを暴露し、『堤下テメエ! コノヤロウ!』と、ブチギレたんです。ヒートアップする大島を周りの芸人も止めることができず、CM明けに大島が画面から消えていたことから、“放送事故”と話題になりました。大島の旦那は数々の人気番組を手がける放送作家の鈴木おさむ氏。テレビ局から声がかからなくなったのもうなずけます」

 

「その後、芸能界での堤下ポジションにはハライチ澤部が収まり、大活躍しています。社長令嬢の妻を持つ2児のパパとイメージも良くトラブルとは無縁であるため、局としても使いやすい。トラブルメーカーである堤下の需要はなくなりました」

 

2013年1月1日に放送された問題の特番

 

堤下敦の現在の活動

 

 全盛期と比較するとテレビの露出はあからさまに減ってしまった堤下さんですが、現在は趣味のロードバイクなどの営業活動をされているようです。所属事務所である「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」で“よしもと自転車部”を創部し、自転車競技の公認ロードレースなどに参加している模様。

tutumisita2

また今年1月に放送していたドラマ「増山超能力師事務所」では常連客役として出演、現在放送中のフジテレビ系ドラマ「人は見た目が100パーセント」にも”冴えない理系男子その2”として出演をしている。

 

ネットの反応

 

スポンサーリンク