中村獅童が初期の肺腺がんで休演!コメント全文&動画あり

nakamura

 5月18日、歌舞伎役者の中村獅童さん(44)が初期の肺腺がんを患っていることを直筆の書面で発表した。

 

スポンサーリンク

以下、コメント全文

 

この度は私事によりいつも応援してくださる皆様に多大なる御心配をお掛け致しますこと心よりお詫び申し上げます。

 

毎年、定期的に受けている人間ドックの中で初期の肺腺癌であることが分かりました。

 

今見つかったのが奇跡的と言われる程の早期発見で、この状況ですぐに手術をすれば完治するとの担当医師からのお言葉でした。

 

入院までは、お受けした仕事を精一杯つとめますが、やむを得ず六月博多座大歌舞伎及び歌舞伎座七月大歌舞伎を休演することを断腸の思いで決断いたしました。

 

本当に申し訳ございません。

 

病に打ち克ち、必ず元気になって今まで以上に良い舞台がつとめられますよう、より一層精進いたし、また皆様にお目にかかりたいと思っております。

 

そのために、今しばらくお時間をください。

 

どうか宜しくお願い申し上げます。

 

平成29年5月18日

中村獅童

 

 また中村さんがCM出演をされている、清酒「黄桜 辛口一献」の酒造メーカーである「黄桜」は同日ホームページ内に特別ページを設置し、中村さんへのお見舞いのコメントを発表した。

 

スポンサーリンク

以下、コメント全文

 

【御見舞い】中村獅童さんのご病気に関して

 

弊社TVCMにご出演されてらっしゃる中村獅童さんのご病気について報道されておりますが、
くれぐれも十分のご加療とご静養で一日も早くご全快なさるよう心からお祈り申しあげております。

 

出演中のCM

 

 

中村獅童プロフィール

nakamura2

 

本名:小川 幹弘(おがわ みきひろ)

生年月日:1972年9月14日

年齢:44歳(2017年5月時点)

出身地:東京

血液型:O型

身長:177cm

体重:63kg

事務所:中村獅童事務所

 

父は元歌舞伎役者の初代中村獅童で歌舞伎の名門・小川家に生まれ、6歳の頃から日本舞踊を始め、8歳で歌舞伎座にて初舞台を踏む。

 

中学時代はロックに目覚めバンド活動に明け暮れる。

 

19歳で歌舞伎の道を目指す事を再び決心するが、役がつかず下積み生活を送る。

 

20代半ばより、歌舞伎役者と二足のわらじで映画のオーディションを受けるようになるが、落選が続く。しかし2002年に公開された映画、「ピンポン」で準主役の座を射止め、その年の新人賞5冠を受賞。以後、多方面から注目され映画やドラマに多数出演することとなる。

 

2005年には映画「いま、会いにゆきます」で共演した竹内結子と結婚を前提にした交際をしていたことを発表し、同年6月に結婚し、11月には第1子となる長男が誕生した。

 

2008年3月竹内結子との離婚が成立。

 

2015年1月、一般女性と再婚。

 

ネットの反応

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク