「わろてんか」ヒロイン、葵わかなの水着画像?!本名や高校、CM、カップは?

aoi

スポンサーリンク

 3月9日、東京・渋谷のNHKで10月2日スタートの連続テレビ小説「わろてんか」のヒロインに女優の葵わかな(18)が決まったことを同局が発表した。

 

 葵はNHK連続テレビ小説のヒロインオーディションで2,378人の候補者の中からヒロインに選出され、10月2日から放送がスタートする連続テレビ小説「わろてんか」の吉本興業の創業者・吉本せいをモデルとしたヒロイン・藤岡てん役を演じる。

 

 同日行われた会見で葵は

 

「ヒロインという大役に決めていただいたというのが自分でも受け止めきれず…きのう聞いたものでまだ夢のよう。今、18歳で本当に未熟な私がてんちゃんという役をいただいて。どうしようと思った時にてんちゃんと一緒に成長していけるヒロインを目指そうときのうの夜に決めました」

 

「どんなにつらくてもめげない自信はあります。今までもつらい、悔しい思いを活力に変えてきたので、朝ドラのスケジュールが厳しいと聞きますが、不安は一切なく、むしろ(ヒロインを)50歳までできるのは、なかなかないことなので、やってやるぞ! というか、ワクワクの方が今は強い。なので、ど根性はあるんじゃないかと思います」

 

「至らないところもあると思うし、絶対乗り切ってみせるみたいなことは言えませんが少しずつ成長しながら見てくださる方に笑顔を届けられるように精一杯頑張っていきたい」

 

と決意のコメントを残した。

 

 葵は10代のころに原宿でスカウトをされ、小学5年生から芸能活動開始。2009年にはファミリーマート「霧島の天然水」CMによりデビューをし、同年、女優としてのデビューも果たしている。2012年には日本テレビ系「ようこそ!東池袋ヒマワリ荘」の出演者によって結成されたアイドルグループ「乙女新党」のメンバーにもなっている。まだ18歳にも関わらず葵のポテンシャルはかなり高い。そして今春、慶大進学を決めた葵は

 

「4日前に高校を卒業して、大学は入学式もまだなので、とりあえず入学式に行ってみてから(休学などは)考えたい。今までの経験が、ようやく恩返しができる立場に立たせていただいたので、アイドル経験で培ってきたように、周りを明るくする力を出していけるのではないかと思う」

 

 会見の前日の8日には大阪でオーディションの最終面接があり後藤高久チーフ・プロデューサー(51)はヒロインの藤岡てん役に葵を抜擢した理由について、

 

「おっさんを前に肝が座っているし、漠然とですが、彼女なら過酷な現場を乗り越えられる、と。伸びしろがものすごい」

 

と葵を高く評価した。最終面接時には監督、プロデューサーなどお偉い面々を前に葵は

 

「次からもっとこうした方がいいと言われ、ダメだったんだ、と。そしたら『あなたです』と言われた」

 

と面接時の事を振り返り、面接中には「ものまねをしてくれ」といった要望もあったようでEテレの猫のキャラクター「ニャンちゅう」のモノマネを披露したそうだが、審査員には全くウケなかったという。

 

「友達の前でやったら、絶対笑うのに、誰も笑わなかった」

 

と、自身の中では鉄板モノマネであった「ニャンちゅう」が不発に終わったことを明るく語った。

 

スポンサーリンク

葵わかなプロフィール

 

本名:不明

「葵わかな」の苗字は芸名で名前は本名だという。

 

1998年6月30日生まれ

神奈川県横浜市青葉区出身

血液型A型

身長158cm

スリーサイズは非公表(推定Bカップ)

スターダストプロモーション所属

東京都目黒区の日出高等学校卒業

4月からは慶應義塾大学へ進学

将来の目標は”歌や芝居で人に心を伝えること”

 

2009年小学5年生の時に、オーディションの写真撮影のために原宿に行った際にスカウト芸能界入り。

 

デビュー作品は2009年7月CMFamily Mart『霧島の天然水』

 

2012年12月には日本テレビ系『ようこそ!東池袋ヒマワリ荘』の出演者により結成されたアイドルグループ「乙女新党」のメンバーに選抜され、2013年2月にCDデビュー。

 

2013年には多くのCMに出演し「この美少女は誰?」と話題を呼び、「時期CM女王」という呼び声もあがっている。

 

 

 

 ネット上では「葵わかな 水着」と関連ワードで出てくるが、葵はこれまでにグラビアや水着撮影などは行っておらず、水着画像は出回っていない。しかし2015年5月2日の葵のツイッターで「いい汗」の可愛らしい画像を公開している。

 

スポンサーリンク