小倉優子が旦那の菊地勲との離婚をブログで発表!報道と事実の差とは?

yuukorin

 3月6日、タレントの小倉優子(33)が自身のブログを更新し、旦那であるヘアメークアーティスト菊地勲氏(46)と3日に離婚したことを明かした。

 

スポンサーリンク

ブログ全文

 

私事で大変恐縮ですが、この度私たち夫婦は、それぞれの人生を歩むことになりました事をご報告させていただきます。

彼には、たくさんの幸せや思い出と、なにより2人の息子というかけがえのない宝物を授かりとても感謝しています。

私達が揉めているような報道もありましたが、そのような事はなく、二人で話し合い、このような結論にいたりました。

今後は、子供達の父親、母親として良い関係を築いていきたいと思っています。

昨年来多くの方々にご心配をおかけしましたが、今後二児の母として頑張っていきますので、温かく見守っていただけると幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

小倉優子

 

 昨年、8月3日に写真週刊誌「週刊文春」で夫の菊地が所属事務所後輩タレントの馬越幸子との不倫交際が報道された際に、小倉はブログで

 

この度の報道の件で、みなさまにはご心配、ご迷惑をお掛け致しまして大変申し訳ございませんでした。
今後のことは、大切な子供達の事を第一にゆっくり考えていきたいと思います。

この話を聞いて、凄くショックでしたし、主人に腹立たしい気持ちでいっぱいでした。
ただ主人もたくさんの方々から大変なお叱りをいただき、これまでに無いほどの反省をしております。
私も冷静になり、今後の結婚生活を見つめ直すいいきっかけにしたいと思います。

これから誕生する新しい赤ちゃんを穏やかな気持ちで迎えたいと思っていますので、
どうか皆様にもあたたかく見守って頂けたらと思います。

 

と語っており、今回の不倫騒動でも多くのネットニュースで泥沼離婚疑惑が噂されてきたが、ブログで泥沼離婚についてはきっぱりと否定した。

 

芸能記者の話によれば

 

「実際、不倫発覚時はかなりの修羅場だったようですが、さすが抜かりのないことで知られる小倉。表向きはゲス不倫夫への感謝のメッセージを綴り、円満離婚をアピール。さらに、慰謝料なしですから、タレントとしてのイメージを優先させた印象です。一方、慰謝料を支払わない菊地氏への世間のイメージは最悪。ネット上では、批判が相次いでいます」

 

 2月24日に発売された「フライデー」では菊地氏が会員制の高級キャバクラに最低でも週に3度は通い深夜3時ごろまで、小倉の愚痴をこぼしつつ、飲み明かしていたという。そして一度の来店で使用する額は最低でも20万円。最低でも週に3度は通っていたということなので、月額計算すると最低でも240万円ともなる計算だ。

 

菊地氏はお店でついたキャバ嬢と下記のような会話もしていたという。

 

キャバ嬢:ゆうこりんが奥さんなんて最高だよね。メチャかわいいよね。

菊地氏:全然かわいくねーよ。ヨメさん、女として見れないから。

キャバ嬢:お料理が得意なんでしょ?そんなこと言ったらバチが当たるよ~

菊地氏:本とか出してるくせに”マズい”んだよ。

 

 2月28日に発売された「女性自身」では離婚の際の慰謝料で揉めていると報道された。それが“慰謝料7千万円”や“小倉の慰謝料が高額で折り合いがつかない”といった内容だ。

 

 小倉は同日、自身のブログで

そして、週刊誌に書かれていることは、事実ではないことが沢山、沢山あります

こういう事を書かない方が良いのですが、
皆さんが全てを信じないでほしいなぁと願います

 

 
と、週刊誌にあった報道を否定した。所属事務所の発表によれば、慰謝料は発生していないという。

スポンサーリンク