【訃報】元なでしこ選手の田村奈津枝さんが事故死。プロフィールあり

columnsv2_37917

 2月14日午前10時5分ごろ、世間ではバレンタインムードで盛り上がりを見せている中、元なでしこリーガーで日本サッカー協会(JFA)・関東地区ナショナルトレセンコーチのの田村奈津枝さんが交通事故に遭い全身を強く打って帰らぬ人となった。享年34。

 

 事故は愛媛県四国中央市の高知自動車道上り線・大影トンネル入り口付近で起き、雪道でスリップしたトラックを筆頭に合計、トラック2台と乗用車を含む計6台が絡む多重事故がおきた。

 

 愛媛県警高速隊によれば、事故当時は雪の影響で時速50キロの速度規制がされており、路面の雪で3トントラックがスリップし上下2車線をふさぐように横転し、トラックを避けようと減速した後続車が、雪の影響でブレーキが間に合わず次々と衝突していった模様。現在も詳しい状況を調べているという。

 

 INAC関係者は「引退してからも(神戸の)近くに来たら、ちょくちょく差し入れを持ってきてくれた。会うたびにサッカーの話をして、本当にサッカーが好きな選手だった」と田村さんとの別れを惜しんだ。

 

 日本サッカー協会(JFA)の公式ホームページに、田嶋幸三会長がお悔やみの言葉を寄せた。

 

「突然の訃報に大きなショックを受けています。

ご家族、そして本人の無念さを思うといたたまれない気持ちです。

日本オリンピック委員会(JOC)のスポーツ指導者海外研修事業でドイツ・フライブルクでの研修も受けてもらい、能力が高いからこそ、今回、関東地区のナショナルトレセンコーチをお願いしました。

指導者としてのキャリアを積んでいる矢先にこのような痛ましい事故に遭い、命を落とされてしまったことは、残念でなりません。

日本サッカーにとって大きな損失だと思っています。

心からのご冥福をお祈りいたします」

 

田村奈津枝プロフィール

1982年生まれ
神奈川県出身
全国屈指の強豪校・村田女子高校でサッカー部に入部、大学は日体大へ進学。

 

2005年、日テレ・ベレーザに入団

2007年には澤穂希さんや川澄奈穂美が在籍したINACレオネッサで活躍。

2008年にはなでりこリーグオールスターに選出される。

 

現役引退後は女子中学生が寄宿生活をしながらサッカーを学べる「JFAアカデミー今治」の契約コーチを務めるなどサッカー競技普及に尽力していた。

スポンサーリンク