生田斗真と彼女の清野菜名が結婚間近?!半同棲の実態とは?馴れ初めは?

ikuta

 2月3日、節分の日の夜、東京・世田谷区内にある寿司屋にジャニーズ事務所の生田斗真(32)と女優の清野菜名(22)のカップルが大きな笑い声で仲睦まじい姿が目撃された。

 

寿司屋の常連客の女性は

 

「慣れたようすで個室に案内された2人は、最初にナマコ酢や、酒のつまみになる料理をいくつか頼んでいました。個室からは、楽しそうな声が外にまで聞こえてきましたよ。文字どおり『ガハハ!』って感じの笑い声で、ずっとテンションが高かったですね」

 

 この日、店に入ったのは午後8時過ぎ、10時半を過ぎたころに2人は店主に見送られ店を出た。2人は店主に仲良く頭を下げ、気温1度の中で仲良く距離を詰め体を温め合うかのように寄り添い歩いた。

 

タクシーに乗り、行きついた先は高級住宅地にある生田の自宅マンション。先にタクシーを降りたのは清野、慣れたように真っすぐ20メートルほど先にあるマンションのエントランスにひとりで入っていき、タクシーの支払いを済ませた生田が後を追い自室へと向かっていった。

 

 生田と清野の熱愛が報じられたのは15年の8月。すでに1年半も前になる。清野の知人は

 

「いまも清野さんは、少しでも演技やアクションで悩むと、すぐ生田さんに相談します。生田さんも本気でアドバイスしますから、ときどき演技論がヒートアップして言い合いになることもあるそうです。お互いの仕事を認め合ってますから、けんかにはなりませんが(苦笑)」

 

清野はこの日だけでなく、生田のマンションに出入りするところを多く目撃されており、生田のマンションから出勤、生田のマンションに帰宅することも多いようで、すでに半同棲の状態と言ってもいいだろう。

 

生田の知人は

 

「生田さんは、俳優仲間と会食するときにも、よく彼女を同席させるんです。そのときは“彼女”というよりも、信頼できる“俳優仲間”という感じで、彼女のことを扱います。 周りは2人の関係を知っているから、やりにくくてしかたないんですけどね(笑)」

 

スポンサーリンク

2人の馴れ初めは?

 

2人は2015年1月に放送された『ウロボロス~この愛こそ、正義。』で初共演を果たし、恋愛関係に発展した模様です。

 

ドラマ内で生田は主人公の刑事役、清野は刑事仲間の役と2人が絡むシーンも多く、自然と親密な関係になり2015年の2月頃から交際に発展したとされています。

 

当時、記者からの交際疑惑に関しての質問に対し、生田は「忙しいので、すみません」と発するのみで、所属事務所も直接的な回答はなかったこともあり、2人の交際は濃厚となった。

 

その後、約半年後の8月末に写真週刊誌「週刊女性」が2人の熱愛を初めて報道しました。

 

ネット上の反応

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク