パンクラスの中井りんがブログで活動休止を発表。ファンから心配の声が

nakairin

 2月10日、パンクラス・バンタム級クイーンの中井りん(30)が自身のブログを更新し「中井りんの活動を休止したいと想っています」と活動を休止することを明かした。

 

スポンサーリンク

以下、ブログ全文

 

昨日、雪や雨の降る天候で外で、ベアトップ(胸のところだけ)とパンツと僅かな着衣で1日仕事が有り

 

気温は2~3度と言われていましたが、夕方から体調が悪くなり、帰ってから沢山の身体に悪い症状があらわれて発熱し、救急病院で投薬、医師の治療を受けました。

 

パンクラスの女子バンタム級のタイトル・ベルトは、パンクラスが返上しろというので、返上しようと想います。

 

中井りんの活動を休止したいと想っています。

 

9日に中井は都内で小雪の降る中、薄着の衣装で屋外イベントに参加しており、同日、夕方ごろから体調の異変を感じ、病院にて投薬を受け仕事の影響で体調を崩したことを明かした。

 

中井はここ数日、ブログにて体調不良や精神的な不安を訴える更新が続き、ファンの間では心配する声も多くあがっていた。6日のブログでは自身のファンへ

 

「私中井りんは日本の総合格闘技界に必要でしょうか?

女子格闘技に中井りんは必要ですか?

私は、これから世界の女子MMAに必要な人間ですか?」

 

と語りかけ、宇佐美館長への感謝を述べつつ

 

「私も人間ですから、お金が無くて食べていけなくなると格闘技以外に何か仕事をしないといけなくなりますね、そうなると多くの格闘技選手の様に食べて行く為の収入源となる仕事が本業となり、段々格闘技が出来なくなり、どんどん弱くなって、居なくなって行ってしまいます。皆さんは私にそうなって欲しいですか?

 

私は自分が今、大きな岐路にあると想っています。」

 

と、心境を吐露していた。

 

翌日、7日のブログでは心身ともに不調に陥った旨を報告し、

 

「私達(私と宇佐美館長)を侮辱する事に対して、何の言葉も返す事も出来ず、何もする事が出来ない事を悔いて、心を病んでしまい、身体を病んで、何も出来なくなってしまう程落ちてしまっている事

 

弱いと想った人も居ると想いますが決して泣き言を言ったのでは有りません、それなりに考えが有ります。」

 

といった批判ともとれる書き込みに対し、反論ともとれる内容の更新があった。

 

昨年末のRIZIN出場で知名度や人気もアップしていたが、ここにきて活動休止。パンクラスからの公式発表は今のところされていない。

 

ファンの反応

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク