清水富美加が芸能界引退し、幸福の科学に専念!和田アキ子の見解とは?

simizufumika

 2月12日付のサンケイスポーツで女優の清水富美加さん(22)が信仰している宗教団体「幸福の科学」の活動へ専念するため、芸能界を引退する意思を固めていることが報じられた。

 

 所属事務所である「レプロエンタテインメント」に宗教団体「幸福の科学」の信者であることを明かし、本人から「仕事をやめて、幸福の科学に出家します」と話しがあったという。

 

 さらに4日に生放送されたフジテレビ系「にじいろジーン」の出演を最後に体調不良を理由に仕事を全てキャンセル、所属事務所も本人と合意に至っておらず、マネージャーとも連絡が取れない状況だという。4日以降の仕事に関しては「インフルエンザ」などと説明しキャンセルをしていたが、数日前からはスポンサーや出演映画関係には、本人に芸能界引退の意思があることを伝え、謝罪に出向いているという。

 

 また12日に放送されたTBS系番組「アッコにおまかせ」で司会の和田アキ子が今回の一件に触れ、

 

「(スケジュールが先々まで予定されているなら)仕事はきれいにしてからやめられた方がいい」

 

「仕事に行っていないんですか?じゃあ仕事に穴をあけているということですか?きれいにしてからおやめになった方が…」

 

「これだけ決意が固いのなら事務所に文句があるとかそういうことじゃないと思う。うちら(所属事務所のホリプロ)は給料制で、安くてもどこも行くとこない」

 

と最後には自虐とも取れる冗談を交えたコメントを残していた。

 

清水さんは現在、映画の撮影中ということもあり、仕事のスケジュールが詰まっている状況。所属事務所側は契約期間中の仕事はこなしてから芸能界を辞めるように説得しているようだが、本人は今すぐに芸能界引退を望んでおり、所属事務所との話し合いは平行線だという。

スポンサーリンク