元小結時天空の間垣親方(時天空慶晃)が悪性リンパ腫で死去

tokitenkuu

 1月31日、午前1時12分に悪性リンパ腫のため東京都内の病院で元小結時天空の間垣親方(本名・時天空慶晃=ときてんくう・よしあき)が亡くなったと日本相撲協会が発表した。享年37歳。

 

 部屋の力士には亡くなった前日の夕方に間垣親方の病状悪化が伝えられていた。遺体は31日の午前3時ごろに東京・墨田区の時津風部屋に戻った。

 

 通夜は2月6日の午後5時、告別式は7日午前11時から東京・墨田区の回向院念仏堂で行われる予定で、喪主は父ジグメド・アルタンガダスさんが務めるという。

 

 間垣親方は2016年1月に悪性リンパ腫の治療で入院していることを公表し、15年7月ごろからは右脇腹に痛みを生じ、名古屋場所後には「あばら骨のヒビ」と診断された、しかし、秋場所終盤に再び眠れないほどの激痛に襲われ都内の病院で再検査を行ったところ悪性リンパ腫が発見された。

 

病名を告げられた間垣親方は

 

「最初は自分でも受け入れられなかったというか、違うんじゃないかという気持ちが大きかった。日にちがたつにつれて、少しずつ病気のことを受け入れないといけないという気持ちと、生きていくために治療をするという気持ちになった」

 

と心境を語っていた。

 

 15年、10月から抗がん剤による治療に取り組み、闘病生活をしつつ、現役復帰を目指していた間垣親方だが、5場所連続全休の末、16年8月に惜しまれつつも引退を発表した。

 

引退時の会見では、すでに抗がん剤の治療は終えて、腫瘍も小さくなったことを明言していた。

 

「先生から治療は半年と言われていて、半年ならすぐ体も戻せるだろうという気持ちがあったが、予定より長引いて1年たち、体力も体もだいぶ弱ってきた。戻すには時間がかかる、ということで少し引退について考え始めました。土俵に戻りたいという気持ちが大きかったし、その気持ちがあったからこの1年間、乗り越えてこれた。最終的に土俵に上がることができず、こういう結果になってしまいましたけど…受け入れるしかないです」

 

と、悔しそうな表情を浮かべ、今後についても時津風部屋の部屋付き親方として「若い人を指導しながら、ともに成長したい」とコメントをしていた。

 

その後は、親方としての業務を行っていたが、昨年11月の九州場所から再び休場し、悪性リンパ腫の治療に専念していた。

 

しこ名の由来はモンゴルの青い空。

スポンサーリンク