おヒョイさんこと藤村俊二さん享年82歳で亡くなる、黒執事の声も、

6255

 1月25日、午後8時45分頃「おヒョイさん」の愛称で慕われた俳優の藤村俊二さんが心不全のため亡くなった。享年82歳。藤村さんの家族によれば最後は苦しむ様子もなく、穏やかに息を引き取ったそうだ。

 

2015年12月、藤村夫人が女性自身のインタビューに応じ、「体調を考慮して「ぶらり途中下車の旅」のナレーションを2015年10月を以て正式降板し、それと共に芸能界から引退した」ことを公表した。

 

その際、長男であり所属事務所である有限会社O’hyoi & Sonsの代表取締役で長男の藤村亜実は「どこかが悪いというわけではないが、“思うように仕事が出来ないまま、皆さまの前に姿を見せたくない”と言っている」と説明し、引退発言報道を公式に否定していたが、2015年末から続いた原因不明の体調不良が続き入退院を繰り返していた。

 

 1934年12月8日に神奈川県鎌倉市生を受け、演出家を志して早稲田大学第一文学部演劇学科に進学したが、理論偏重の教育に飽き足らず中退し、東宝芸能学校舞踊科に。

 

その後、1960年に日劇ダンシングチーム12期生として渡欧し、パリでパントマイムを学ぶ。帰国後は、演出家から振付師に転向し、パリで学んだ実績を元にザ・ドリフターズの『8時だョ! 全員集合』やレナウン「イエイエ」のCFの振り付けも手掛けた。

 

愛称「おヒョイさん」の由来

『8時だョ! 全員集合』の番組中にエキストラ出演を求められるも、画面に映るのが嫌でその場から「ひょい」と逃げていたところ、共演者から「おヒョイ」のあだ名がついたという。

 

軽妙で、どこかとぼけた人間味が人気でフジテレビ系「なるほどザ・ワールド」、日本テレビ系「ゲバゲバ90分」、TBS系「ぴったしカン・カン」、テレビ東京系「オヒョイさん漫遊記」など多くのバラエティー番組や、他にもCM,映画、ナレーション、アニメの声優まで幅広く活躍していた。

 

多くのメディアで活躍する一方で肺気胸や胃がんなどの病気にも苦しめられていた。

 

スポンサーリンク

ネットの反応

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク