工藤静香、インスタで料理や私生活を明かし炎上?!その実態とは…

20170112kudou-250x250

 1月26日発売の写真週刊誌「週刊文春」に元SMAPの木村拓哉の妻である歌手の工藤静香のインスタグラムが炎上という記事が掲載され、これに対し、工藤が「炎上していない」と反論し話題となっている。

 

 工藤のインスタグラムには木村や2人の娘ために作られたと思われる料理や愛犬の写真が並び、アイドル木村拓哉の私生活が垣間見ることができる。料理に関する投稿が多いことから、「毎日作らなくてはいけないママ達や料理を始める人のアイディアになれば(^^)作り方始めるまたファンサイトに載せます。後ほどザックリとこちらでも紹介しますね」と、料理のレシピの公開も考えているようで、以降も料理に関する投稿が続いている。

 

 しかし、ジャニーズはイメージ管理が厳しく私生活を晒すのは”ご法度”とされている。当然、木村に至っても例外ではない。工藤のインスタグラムは各方面で話題となっており、好意的なコメントも多く寄せられているが、中には工藤のインスタグラムを良く思っていない人もおり、ネット上には辛辣な声があがっている。

 

ジャニーズに詳しい記者によれば

 

「そんなこともあり、1月26日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が『良妻賢母アピールのはずが…工藤静香インスタ大炎上』と伝えました。すると、同日の朝には有料制のオフィシャルモバイルファンクラブサイト『はい。工藤静香です。』のメールマガジンで『インスタ炎上なんかしていない』と、本人が反論。工藤は12月にも自身のディナーショーをめぐる『文春』の内容を否定しており、今回も同誌の記事に反応したものとみられます」

 

 26日午後6時頃、工藤はインスタグラムのコメント欄に

 

「人を中傷する様なコメントや悪口なんてありません。皆さんモラル、マナーがある素敵な方ばかりです。先ず料理教室みたいなインスタで炎上?なんてする暇あったら、みんな夕食を考えます」

 

と心情を明かし、ファンやフォロワーを庇っていた。

 

前出のジャニーズに詳しい記者

 

「その一方、今回の反論文について、ネットユーザーからは『炎上って、インスタのコメント欄が荒れることだと勘違いしてない?』『“料理教室みたいなインスタ”って、自分は先生のつもりか。どんだけ勘違い女だよ』『ずっと上から目線のコメントだったけど、まさか本当に先生のつもりだったとは』と、またもや容赦ない批判が飛んでいます。前述の『文春』によると、高校受験を控える長女は、音楽で有名な私立高校への進学を希望しているそうで、『東大生を家庭教師に就けて猛勉強中』だとか」

 

 工藤のインスタグラムは30日の時点で89.1千人と日に日にフォロワーも増え、ファンが工藤がインスタに載せた料理を作ってみたなど、新しい交流の場ともなっている。賛否両論あるのは確かだが、今後も工藤のインスタグラムでファンが喜べるような投稿に期待したい。

スポンサーリンク