ボルダリング、伊藤ふたばが最年少優勝!パナソニックCMに起用も!動画あり

hutaba

 1月29日、東京・代々木第2体育館で2020年に開催される東京オリンピックの追加競技であるスポーツクライミング、ボルダリングの日本一を決めるジャパンカップ決勝戦が行われ、女子は2005年大会を16歳3カ月で優勝した野口啓代(あきよ)を抜く、伊藤ふたばが14歳9カ月という大会史上最年少で優勝を飾った。

 

 野口は2位、野中生萌(みほう)は3位。13歳の森秋彩(あい)は4位という結果に終わった。男子では藤井快(こころ)が男子では大会初となる2連覇を成し遂げ、世界王者の楢崎智亜(ともあ)は準決勝敗退で8位。

 

スポンサーリンク

伊藤ふたば、過去の戦績

 

国際大会

IFSC クライミング・アジアユース選手権
プトラジャヤ2015
リード 1位、ボルダリング 1位

 

IFSC クライミング・アジアユース選手権
テヘラン2016
スピード 11位、リード 1位、ボルダリング 1位

 

IFSC 世界ユース選手権
広州2016
リード 9位、 ボルダリング  2位

国内大会

 

第17回JOCジュニアオリンピックカップ大会 リード 2位

 

第10回ボルダリング・ジャパンカップ 11位

 

クライミング・日本ユース選手権2015 リード 1位

 

全日本クライミングユース選手権ボルダリング競技大会 1位

 

第29回リード・ジャパンカップ 4位

 

第18回JOCジュニアオリンピックカップ大会 リード 9位

 

第11回ボルダリング・ジャパンカップ 4位

 

2016クライミング日本選手権 リード 3位

 

全日本クライミングユース選手権リード競技大会 1位

 

全日本クライミングユース選手権ボルダリング競技大会 3位

 

第30回リード・ジャパンカップ 3位

 

第18回JOCジュニアオリンピックカップ大会 リード 1位

 

パナソニックのCM

日本全国47都道府県を巡り、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、日本をひとるにするプロジェクト。

 

「ビューティフルジャパン」

それは、2020年をゴールに47の都道府県を訪ね、
東京オリンピック・パラリンピックをめざすアスリートたちとともに
挑戦することの大切さや夢を追うことの素晴らしさ、
そして、この国の美しさを再発見していくプロジェクト。
最高の映像で、この国の美しさを伝えられたら、
最高の感動で、みんなの心をひとつにできたら。
そんな想いを胸に、6年をかけたプロジェクトをはじめています。

 

伊藤ふたばさんのCM

 

女優の綾瀬はるかさんも伊藤ふたばさんの手ほどきを受けボルダリングに挑戦しています。

 

 

 2020年まであと3年、伊藤ふたばさんはまだ18歳という若さですね。東京オリンピックではどのようなプレイを見せてくれるのか期待でワクワクしてしまいます。

スポンサーリンク