フライデー、狩野英孝の地下アイドルとの淫行騒動での記者会見、質疑応答全文(前編)

kanou1

 1月21日、17歳女子高生との淫行騒動でお笑い芸人の狩野英孝(34)が都内で約66分にわたって記者会見を開き、当面の間、芸能活動を自粛すると発表をした。

 

スポンサーリンク

記者会見での冒頭あいさつ全文

 

このたびはみなさま、ご迷惑、お騒がせしてしまい申し訳ございませんでした。今回の件に関して自分の口からご説明させていただきます。彼女とは記事にあった通り、22歳と聞いて知り合いました。その後、友人関係を経て大人としてお付き合いさせていただきました。記事に載っていた写真は私です。彼女として2人で会うこともありました。家に来たこともありました。しかし、彼女の口から10代だと打ち明けられ、自分も驚き、彼女と相談し、友人関係に戻ることにしました。

 

今回の件を受けて彼女のお父さまと直接お会いし、謝罪させていただきましたところ、彼女のお父さまから「今回、私の娘が年齢を偽って申し訳ない」と謝罪の言葉をいただきました。さらに、お父さまから「何があっても私の家族は狩野さんを応援します」とありがたい前向きなお言葉をいただきました。しかし、今回の件を含め、今までの件も含め、私は謹慎いたします。みなさま、本当に申し訳ございません。

 

記者との質疑応答、前編

 

記者:狩野さんとしては真剣な交際だったんですか?

狩野:恋愛感情はありました。しかし、親や友だちに堂々と彼女だと宣言する前に、10代ということを知ったので、そこまでには至りませんでした。

 

記者:いつ、どうやって、付き合う形になったのか?

狩野:記事にあった通り、SNSを通して知り合いました。向こうが10代だということもあり、あまり直接的なことは言えませんけど、そこに恋愛感情はあって…。

 

記者:「食事しようよ」とか誘ったのは狩野さんの方なんですか?

狩野:連絡先を交換して、友人や後輩、親戚もいたんですけど、そこで食事をしているときに、彼女の方から「もしよかったら行ってもいいですか?」と聞かれて、周りに聞いたらOKだったので、その食事の場に来たこともあります。

 

記者:それはいつですか?

狩野:年末です。会ったのは1度だけではないです。

 

記者:報道には7月とありますが…?

狩野:連絡を取り合って会うようになったのがその時期だと思います。

 

記者:ダイレクトメールで「会いましょう」って送ったことは事実ですか?

狩野:「会いましょう」と1発目に送ってはいないですけど、連絡をとったのは事実です。

 

記者:どんな内容ですか?

狩野:えっと…。「応援ありがとう」的な感じだったと思います。

 

記者:最初はそんな感じだったんですね。では、最初に会ったのはいつごろで、どちらから、どんな感じ誘うような感じだったんですか?

狩野:そこに関しては、相手が10代なので詳しく言えませんが、7~8月です。

 

記者:それは、狩野さんから誘ったんですか?

狩野:はい。

 

記者:そもそも、狩野さんのファンということですか、狩野さん自身はどういう認識をされていたんですか?

狩野:認識…。もちろん応援してくれていたことは感謝しています。しかし、Twitterの件に関しても、自分で呟く一方で、コメントを見たことないといったら嘘になりますけど、そこでの反応はわかりませんでした。

 

記者:Twitterの写真は狩野さんのご自宅で撮られたものだと思いますが、いつごろでしょうか?

狩野:正直、僕はその写真が撮られた時に気付いていなかったので、今回の報道を受けて初めて知りました。

 

記者:あれは、狩野さんのご自宅ですよね?

狩野:はい

 

記者:いつごろ撮られたものなのでしょうか?

狩野:7~8、9月だと思います。

 

記者:お付き合いはいつごろから始まったんですか?

狩野:お付き合いは7~8月。男女としての交際となると、そこに関しては10代と知ったので…。堂々と周囲に彼女だと紹介する前に10代だと知ったので。

 

記者:お付き合いは?

狩野:恋愛感情はありました。

 

記者:それはいつごろから?

狩野:「好きだ、愛している」という言葉は交わしていませんけど、恋愛を育んでいく過程だったので、交際というか彼女・彼氏の関係には至らなかったです。

 

記者:ということは、狩野さんのご自宅に泊りに来る女性であったものの、交際・お付き合いしている女性ではなかったということですね?

狩野:そうですね。

 

記者:ということは、ほかにも複数同じような女性がいたということですか?

狩野:そんなことないです。

 

記者:去年は6股騒動とかあって、「自粛します」とか反省の弁を述べていたのに、結果このようなことになったことについてはどう思いますか?

狩野:「心を改めます」と言っていたんですけど、一生彼女を作らない、一生結婚しないと言う意味で言ったわけではなく、彼女ができればいいなという気持ちはありました。

 

記者:今回問題になっているのは、お相手の年齢だと思います。最初22歳と言われていたとのことですが、狩野さん自身が疑問に思うことはなかったんですか?

狩野:正直、全くありませんでした。彼女と食事したときに、23歳の親戚がいたんですけど、その女の子に「お前より1個下だけど、彼女のほうが年上に見えるな」っていうイジリもあったぐらいです。

 

記者:どういう経緯で10代だとわかったんですか?

狩野:恋愛を育んでいくなかで、会っていくうちに、段々真剣になって彼女の見え方も変わった時に「何か嘘付いていることはない?」って聞いたんです。その時に少し間があったんです。「何かない?」「本当にない?」って何度か聞いたら「実は10代です」と。そのときにハッキリ年齢は言わなかったですけど、僕はどう彼女に言葉を発したらいいか分からなくて、「なんで嘘をついたんだ」とも言いませんでした。

 

記者:「何か嘘付いていることはない?」と聞いた理由は?何か思うところがあったんですか?

狩野:……恋愛になってくると、相手が嘘をついていることであったり、本当の姿は見えてきませんか?

 

記者:何か具体的に…。ご自身の中で疑惑があったんですか?

狩野:全く無いです。野生の勘っていうか、本当に勘が働いたんです。先程も言ったように、1回目に質問したときに間があったので。そのときは年齢のことだとは思いませんでした。

 

記者:お相手が10代だと知った時、どう思いましたか?

狩野:驚きました。

 

記者:10代の中には幅がありますけど、17歳と具体的に知ったのはいつですか?

狩野:彼女が10代と知って、彼女にどんな言葉をかけようか色々考えている最中に「いくつなの?」って聞きました。「17」と言われ、さらに驚きました。こういう彼女との付き合いは良くないと思い、彼女にもその場で言いました。

 

記者:何て言ったんですか?

狩野:「なんでもっと早く言わなかったんだ」と。後、ハッキリ「良くない」と言いました。

 

記者:それは具体的にいつ頃なんですか?

狩野:ハッキリ覚えていませんが、10月頃だと思います。

 

記者:狩野さんの自宅にお相手が泊まったことはあるんですか?

狩野:家に来たことはあります。

 

記者:“こういう付き合い”が良くないっていうのは、どういう付き合い方のことですか?

狩野:大人としてのお付き合いです。

 

記者:具体的に

狩野:具体的には…申し訳ございません。

 

記者:では、彼女とどうやって話をつけたんですか?

狩野:「別れる」「もう好きじゃない」とかは発信していません。ただ、話し合って、一般的な友人関係に戻りましょうと、彼女も納得してくれました。

 

記者:それからは、狩野の自宅に来ることもなくなったんですか?

狩野:はい。

 

記者:連絡は取り合っているんですか?

狩野:はい、取り合っています。正直、10代と知ってからどういう付き合い方が正解なのか分からなくて、ただ10代という認識のもと、もともと応援してくれてた人なので、ありがたく受け止めましたし、こういうライブに行きたいって相談を受けたら、招待したのは事実です。

 

記者:10代であっても、狩野さんが真剣に好きであれば、相手のご両親に会いに行くこともあったのでは?

狩野:僕は34歳なんですけど、ちょっと考えられなかったです。

 

記者:恋愛感情が芽生えたとおっしゃっていましたが、その気持ちはどうしたんですか?

狩野:向こうが10代だと聞いて…考えられないです。

 

記者:両親にお会いしたのはいつだったんですか?

狩野:つい先日です。報道が出てから。

 

記者:お相手の女性は一緒だったんですか?

狩野:いませんでした。ご自宅に会いに行くというより、待ち合わせしたお会いしました。

 

記者:一発殴られるぐらいの思いもあったんじゃないですか?

狩野:ありました。

 

記者:お相手はアイドル活動をなされていたとの報道もありますが、そこから年齢とかはわからなかったんですか?

狩野:正直、歌手をやっているというのは聞いていましたが、僕から活動を調べるとかはなかったです。正直活動であったり、曲は…すみません。

 

記者:お食事をするなかで、お酒も飲んでいたんですか?

狩野:僕は全く記憶になくて、お酒を飲んでいる認識はありません。

 

記者:彼女のTwitterによれば「すごく酔っ払ってしまった」というような内容が分かり、狩野さんの方が酔っ払ってしまっているというような記事もあったので、一緒にお酒を飲んでいるというふうに解釈したんですけど。

狩野:僕もあの写真は記事で初めて見ました。基本的に僕はすぐ寝てしまうので…。

 

記者:一緒に飲んだことはないんですか?

狩野:ないです。彼女がお酒に強いか弱いかもわからないです。

 

記者との質疑応答、中編はこちら

スポンサーリンク