渡辺翔史が浅田舞と熱愛!ブログで浅田舞の印象を語る

asadamai

 1月2日の夕方、東京・表参道でフィギュアスケートの浅田真央(26)の姉であるタレントの浅田舞(28)が身長180センチほどのイケメンとお揃いのライダースジャケットを着て、厳しい寒空の中、アイスを一つのスプーンを使って食べ合う姿が目撃された。

 

スポンサーリンク

一緒にいた相手の男性は?

バトントワラーの渡辺翔史(28)

2人は舞が初主演を務めた昨年2月の、元体操選手の池谷直樹が主宰の『マッスルミュージカル~ふしぎの国のアリス』で共演した。

 

当時、浅田舞と出会った渡辺はブログで

 

「さすが、アスリートという姿勢が素晴らしいなという初日の印象です(中略)同じ88年生まれなので、いろんなお話が出来て、たくさん吸収させてもらいたいなぁー」

 

とコメントしている。

 

舞は2012年から交際をしていた、ヒップホップユニット「シクラメン」のDEppaと結婚間近と報じられていたが、昨年2月に破局した模様。時期的にみると渡辺と出会ったのは、元カレとの破局直後となる。

 

舞と渡辺は浅田姉妹が行きつけの都内の焼き肉店で何度か目撃されており、偶然居合わせた常連客は

 

「舞ちゃんはよく見かけますよ。普段は個室を利用してるんだけど、あの日は混んでいて、人目に触れるテーブル席に通されていましたが、そんなのお構いなしでイチャイチャ。舞ちゃんはカレを見せびらかしたくて仕方なかったのかも」

 

とコメントをしている。

 

舞の所属事務所は

 

「プライベートは本人に任せております。渡辺さんは共演を通じて仲良くさせていただいている友人の一人です。その日は共通のお友達が留学に行くため、何人かのお友達と一緒にプレゼントを買いに行ったと聞いております」

 

とコメントを残している。

 

姉の真央は昨年12月の全日本選手権で自己ワーストの12位と低迷し、引退の窮地に追い込まれているというが、姉のプライベートは対照的に好調だ。

 

浅田舞プロフィール

1988年7月17日生まれ
愛知県名古屋市名東区出身
IMG TOKYO所属

7歳の時にスケートを始め、2001年まで名東フィギュアスケートクラブで門奈裕子に師事。2001年からはグランプリ東海クラブの山田満知子と樋口美穂子の指導を受ける。

 

長い手足を生かした優雅な演技が持ち味で、得意技はスパイラルシークエンス。

 

「快傑えみちゃんねる」に出演した際に普段はノーパン派で自宅では「ヨレヨレのズボンとヨレヨレのTシャツ」、仕事以外の時は「化粧もしない」ことなどを告白した。

 

渡辺翔史プロフィール

1988年2月16日
広島県出身
日本のバトントワラー

高校生のときインターナショナルカップに出場し、3本のバトンを回し競い合う3バトンにおいて初出場ながら銅メダルを獲得。

 

その後、立命館大学立命館バトンチームに所属。

 

現在は舞台サムライロックオーケストラを中心に、 ももいろクローバーZ LIVEの出演やTV、イベントなどと活動の視野を拡げている。

スポンサーリンク