声優・三ツ矢雄二がグレーゾーンを激白!ゲイ告白動画あり

85c5f69c

 1月13日、テレビ東京系バラエティ番組「じっくり聞いタロウ ~スター近況(秘)報告~」にアニメ「タッチ」の上杉達也役などで知られる声優の三ツ矢雄二がゲイであることをカミングアウトし話題となっている。

 

番組冒頭では子役時代に触れ、中学生のころ一番多い月収で100万円を超えていたことを明かし、さらに普通ならこういった多額な収入は両親が管理することが多いが、三ツ矢の場合は自分でお金の管理を行っていたという。

 

その後、声優時代のギャラの話に代わり、MAX年収は1億を超えたというが、税金で何千万も取られたことを明かした。

 

スポンサーリンク

ゲイのカミングアウト

過去、自身のセクシャリティーな部分に関しては「グレーゾーン」と公言をしてきた三ツ矢だが、番組内で「グレーゾーン」に対し聞かれ

 

「あれは理由があって、兄がいるんですけど、兄が定年退職するまではちょっと曖昧にしておこうと。会社で何か言われると兄に迷惑がかかると思ったので、それでグレーゾーンって言ってたんですけど、兄が定年退職しちゃったんで『もういっか!』ということで」

 

と、説明しゲイであることをカミングアウトした。

 

当然のことながら、共演者が驚いていると

 

「周りの人は僕普段からこうだから全員知っているんですよ。でも公には別に言ったことはないんです。」

 

と話し、出演者の次長課長・河本準一から

 

「三ツ矢さんはゲイ?」

 

と改めて問われると、

 

ゲイかストレートかって言われればゲイ

 

出演者の名倉からは

 

「それは中学の時から?」

 

と聞かれ、

 

「生まれたときから」

 

と答え、小学生の頃から女友達が多く、男子とキスをした経験なども赤裸々に告白した。

 

三ツ矢は今回のカミングアウトについて

 

「役者さんは自分がゲイだと告白していると、ラブシーンなんかがある場合、(視聴者が)純然とそのシーンを楽しめないんじゃないか」

 

「役者さんはゲイであることを隠していても僕はかまわないと思う」

 

「僕なんかは、声優で最近やっている役は動物とか宇宙人とかだから、この際もういいやと思って」

 

と、セクシャリティーな部分で持論を展開し、吹っ切れたようすで話しかけた。

 

最後には今は恋人がいないと言い

 

「募集してますのでマネージャーまでご連絡を」

 

「タイプは、加瀬亮です」

 

と、笑顔で恋人募集を呼びかけスタジオに笑いを誘った。

 

動画

スポンサーリンク