袴田吉彦の不倫相手が判明!現役グラドルの青山真麻

20170111-00516640-shincho-000-4-view

 1月12日発売の写真週刊誌「週刊新潮」で俳優の袴田吉彦(43)とグラビアアイドル(30)の不倫が報じられ、所属事務所を通じてFAXにて謝罪を発表した。

 

スポンサーリンク

謝罪コメント全文

この度の報道にありました通り、私事でお騒がせしてしまい大変申し訳ございません。

現在妻と別居しているのは事実ですが、この様な軽率な行動をしてしまった事を深く反省しています。

お相手の女性にも大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。

今後は娘と妻の事を第一に考え、誠心誠意父親として、夫として努力していく所存です。

関係者の皆様、そして応援してくださる皆様、ご迷惑をお掛けして大変申し訳ございませんでした。

袴田吉彦

 

テレビ局関係者によれば

「このグラドルの証言がメインとなっている同記事は、女性側からのタレコミネタとみていいでしょう。実は袴田は、河中とは性格の不一致でずっと別居を続けていて、すでに離婚時期の調整に入っていた。もはや本人としては、不倫というよりも“自由恋愛”に近い気分だったのかもしれませんが、ケチな一面まで暴露され、赤っ恥をかいてしまいましたね」

 

芸能プロ社長のコメント

「彼女は現在Aという名前で活動する撮影会モデルで、名前や肩書を何度も変えては再デビューしている“訳アリ物件”です。袴田がどこまで知っていたのかはわかりませんが、10歳すぎの子どもがいるシングルマザーで、数年前にはストリップをやっていました」

 

2人の出会いと不倫期間

2015年9月13日に西麻布のクラブで開かれたカリスマ美容師のパーティで、袴田から「キミ可愛いね。芸能人?」と声をかけ知り合い、同日、クラブでのメンバー数人と六本木でカラオケに行った後に、「ホテルいろは」で一夜を共にしたという。

 

袴田と不倫相手の女性は知り合ってから2015年の年末までに約10回ほど不倫関係になったといい、そのうちの7回はアパホテルを利用した模様。

 

ホテルに行く前は不倫相手の女性を含めた数人で食事をして、お酒が進むと「眠くなってきた。アパ予約して」と言い、関係に及んだ。

 

しかしそんな関係も2016年に入ると袴田からの連絡が途端に来なくなり、事実上の不倫期間は2015年9月13日~年末にかけての約4カ月間ということで、現在進行形ではないという。

 

不倫相手の人物像

写真週刊誌「週刊新潮」には不倫相手の女性の名前などは掲載されておりませんでした。

 

現時点で分かっていること言えば

 

・30歳の元グラビアアイドル
・ダンサー経験あり
・女優の小西真奈美似の美女

 

ネット上の憶測の人物

青山真麻

ftfi9nvl

 

 

 

と、具体的には述べていませんが、週刊新潮に掲載されていた「元グラビアアイドル」ということに対してなのか、「元じゃないよ、なうだよーw」とつぶやいている。

 

前出の芸能プロ社長も「Aという名前で~」とコメントしているように、イニシャル的にもこの青山真麻というグラビアアイドルが濃厚だ。

スポンサーリンク