「A LIFE~愛しき人~」木村拓哉がSMAP解散後、初のドラマ

a_life

 2017年1月15日から毎週日曜21時からTBS系で放送される『A LIFE〜愛しき人〜』は木村拓哉にとってSMAP解散後、初のドラマ主演となる。

 

ドラマあらすじ

木村演じる外科医、沖田一光は医師として駆け出しの頃、親友の思惑により病院を追われ、恋人を置いて単身アメリカに渡り、10年間を向こうで過ごすこととなる。

 

その後、かつての恋人であった竹内結子が演じる壇上深冬の父親に請われ医師として壇上記念病院に勤めはじめる。

 

10年ぶりに再会する元恋人、親友、、、病院内でうごめくさまざまな人間模様、思惑、そして親友との対立に沖田は巻き込まれてゆく。

 

主要キャスト

沖田 一光(おきた かずあき)
演 – 木村拓哉

 

心臓血管と小児外科が専門の外科医。10年間アメリカ・シアトルで経験を積み、恩師でもある東京の大病院の壇上記念病院院長の手術を任される。

 

壇上 深冬(だんじょう みふゆ)
演 – 竹内結子

 

壇上記念病院院長の娘で小児外科医。沖田のかつての恋人。

 

井川 颯太(いがわ そうた)
演 – 松山ケンイチ

 

壇上記念病院の心臓血管外科医。父は関東外科医学会会長、ゆくゆくは満天橋病院を継ぐ2世医師。

 

柴田 由紀(しばた ゆき)
演 – 木村文乃

 

壇上記念病院の一流オペナース。

 

榊原 実梨(さかきばら みのり)
演 – 菜々緒

 

壇上記念病院の顧問弁護士。

 

羽村 圭吾(はむら けいご)
演 – 及川光博

 

壇上記念病院の第一外科部長。心臓血管外科専門の医師で深冬の夫。

 

壇上 壮大(だんじょう まさお)
演 – 浅野忠信

 

壇上記念病院副院長で脳外科医。

 

スポンサーリンク

『A LIFE~愛しき人~』インタビュー

記者

今回1年半ぶりの連続ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)で演じるのは、卓越した腕を持つ職人かたぎの外科医だ。木村にとっての“職人”とは何か…アイドル、俳優としてさまざまな物語を紡いできた彼の、2017年、“今”この瞬間を切り取る。

 

木村

「今は、スイッチがひとつずつオンになっていっている感じですね。カチッカチッと。例えるなら、飛行機がテイクオフする直前のコックピットかな」

 

記者

1月15日スタートの新ドラマの放送を控えている木村拓哉は“その瞬間”に向かう期待感に充ち満ちていた。『A LIFE~愛しき人~』は彼にとって1年半ぶりの連続ドラマとなり、職人外科医の沖田一光を演じる。

 

木村

「スイッチを入れてくれるのは、脚本の橋部(敦子)さんやスタッフ、共演者のみなさんとのディスカッションや、病院での手術見学、そして糸結びの練習…」

 

記者

糸結びとは、手術で縫合や止血のために血管を糸で結んだりする技術。

 

木村

「糸を結ぶっていうのは、命を結ぶことなんですよね。これが早く正確にできるかどうかが手術時間にかかわってくるし、予後にも影響する。実際のドクターはこの練習を欠かさないそうです。まさしく、職人ですね」

 

記者

木村が思う職人とは…。

 

木村

「まず、責任なんじゃないかな。質とか量じゃなくて、求められているものをしっかりと感じ取る受け皿を自分の中に持っていること。そして『これでOK』というラインがない。現状でベストのものを作るんだけど、次はこれより絶対にいいものを作るんだという思いがある。それが職人なんだと、ぼくは思っています」

 

記者

そのイメージは、木村拓哉その人にも重なる。

 

木村

「自分の中に職人性があるか? うーん、どうだろう…。あるとは思うけど、自分で『あります! こういう部分です』と言うべきものではないですよね。一緒にものづくりをするかたや、見てくださるかたが感じ取ってくれることだと思う」

 

記者

私たちはこれまで、木村拓哉という存在を通して、さまざまな物語をリアルに体験してきた。それは彼が表現する役柄が“演じる”という枠を超えて、その人物の呼吸までもが感じられるものになっているから。

 

木村

「ぼくが大切にしているのは、その人物の反射神経。ある出来事が起こったときに、どう返すか? どう動くか? ということ。ラッキーなことに、沖田の反射神経にはうなずける部分が多いんですよ。もちろん、越えなくてはならない高いハードルもそこには存在するわけだけどね」

 

記者

そう語る彼の瞳はキラキラと輝き、真っ直ぐに前を見つめている。

 

木村

「今回は、撮影に入る前に、みんなでたくさんの“試食”を重ねることができました。そして『もうお皿に載せてもいいですよね』というところまでやって、今度は現場でもっとたくさんの人たちとの“盛りつけ”が始まるんです。できあがった料理(ドラマ)をみなさんが『ちょっと食べてみようかしら』と思ってくれたら嬉しい。もちろん、おいしかったらガンガン食べてほしいですね(笑い)」

 

記者

4月に映画『無限の住人』の公開も控え、2017年からは俳優としてますます活躍が期待される木村。

 

木村

「“俳優”という名札はみなさんがつけてくれるもので、それはぼくが選ぶべきものじゃないと思うし、もっと言えば、誰かが必要としてくれているという事実がないと、存在している意味がないんですよ。

 自分がやるものをチョイスするのはぼくらがやる作業じゃない。だから、ぼくを必要としてくれている人がいてくれるのだったら、これからもものづくりをしていきたい…させていただきたいと思っています」

スポンサーリンク