【訃報】元てれび戦士伊藤元太が多摩川で水難事故、前田公輝、重本ことりなど悲痛の声

itou

 昨年8月31日、08年から10年までNHK教育(現NHK・Eテレ)「天才てれびくんMAX」にてれび戦士として出演していた伊藤元太さん(享年18)が水難事故で亡くなっていたと5日に「天てれサーカス部」公式サイトが発表した。5日は伊藤さんの誕生日ということもあり、訃報を公表した模様。

 

スポンサーリンク

事故の経緯

「(東京)青梅市内の多摩川に友達3人と遊びに行き、水の流れが怖くてしばらくの間、中洲に一人でいた元太君を友達がもう帰ろうと迎えに行き、岸に戻る途中で元太君と友達一人が溺れかけ、一人は助かったのですが、残念ながら元太君は流され、帰らぬ人となってしまいました」

 

と、公表している。

 

好評の時期については

 

「ご両親の心の整理がつかず、これまで事故の経緯の一切を公にしておりませんでしたが、ご両親から相談があり、元太君の19歳の誕生日となる1月5日を期して、元太君とご縁のあった私達サーカス部のホームページ上でお知らせすることにしました」

 

と、記した。

 

元てれび戦士メンバーの悲痛の声

重本ことり

「些細な事で泣いたり笑ったりした なんでもない日々が今では、大切な宝物 もしもひとつ願いが叶うなら、君にもう一度会いたい お誕生日おめでとう」

 

細田羅夢

「涙が止まらない。必ずLINEが返ってくるのにお正月のLINE既読すら付かなくておかしいなと思っていたら…」

 

「天てれってね お仕事でもあるから皆プロ意識はあったと思う。でも戦士同士はライバル/仲間/友達 そして妹弟兄姉という表現の方が近い。そしていくら月日が流れても関係性は変わらない。とにかく私にとって元ちゃんはこれからも弟です。弟に恥じぬよう私は走り抜けなきゃ」

 

鍋本帆乃香

「私がこの話を聞いたのは、年末でした。本当に本当に本当に信じられなくて。電話で聞いたのですが、何度も何度も嘘じゃないかって思いました。むしろ今でもまだ思っています。呆然として、頭真っ白になって。けど、元ちゃんの誕生日にホームページで公表するから、まだ他の戦士には言わないでと言われていたので、どこにも打ち明けられずに、頭の中で必死に事を理解しようと頑張りました。知っていたのに、何もないようにしていてごめんなさい。もっと会っとけばよかった、もっと連絡こまめにすればよかった、今さら悔やんでも悔やみきれないんだけどね」

 

「元ちゃんは、友達っていうか弟みたいな存在やね。いつもイタズラして、怒られて、でもいざって時にはすごく頼りになって。大学入るために、めちゃめちゃ勉強頑張ってたことも知ってるよ。本当に努力家やと思う。元ちゃんの分まで、私頑張るから、まだすぐは行けないけど、何十年か後にそっち行ったら、またジャグリングしようね!!!逆立ちどこでもやりすぎて怒られないようにね!!お誕生日おめでとう!ずっとずっと忘れないよ、また会おうね!」

 

長江崚行

「俺が知ったのは去年の9月。お前が見にくる予定だった舞台の公演を終えてから。それだけ前に知っても、まだ実感がない。これだけ近い仲間がいなくなるのが初めてだからかな。どうしていいかがわかんないよ」

「今までありがとう。生まれてきてくれてありがとう。出会ってくれてありがとう。仲間になってくれてありがとう。色々と言いたいことがまだ残ってるんだけど、それは会えた時に言うよ。じゃあな。またな、元太」

田中理来

「またねって言ったじゃん 約束したじゃん 悔しいよ おれがんばっから うえまで届けるから」

 

前田公輝

「元太。天才てれびくん卒業後の夏のイベント、同窓会、少しの時間だけでも元太の人懐っこくて、甘え上手でニカッと笑う顔は皆を温かい気持ちにさせてくれたよ。ありがとう。少し離れてしまうかもしれないけど、ゆっくり休みながらもこれからもてれび戦士達を宜しくな。出会ってくれてありがとう」

 

橋本甜歌

「世代は1つ違ったけれど、ずっと仲間。ご冥福をお祈り致します。そして、お誕生日おめでとう」

 

安田大サーカス・クロちゃん

「伊藤元太くんが事故で亡くなっていたなんて。天てれで一緒に仕事してた仲間。人懐っこくて、いつでも笑顔だった、元ちゃん。信じられません。まだ受け入れられません。ご冥福をお祈りいたします」

スポンサーリンク