SMAPが解散の日に打ち上げ、木村は参加せず森が参加

smaputiage

昨年12月31日に20年9カ月の活動に終止符をうった国民的アイドルSMAPが大晦日に東京・六本木の高級焼き肉店で食事会を行っていた

 

食事会にはSMAPの中居正広(44)、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(38)、そして元メンバーの森且行(42)が参加したが、唯一、木村拓哉(44)だけは食事会に声をかけていたが、大晦日を都内の自宅で家族と共に過ごしたという。

 

この日、個室を貸し切って食事会は午後7時頃にスタートし、最初に仲のいい香取と草なぎが訪れ、少し遅れて中居、稲垣、森が合流した。

 

25年という活動に終わりを告げただけあり、店の営業時間を過ぎても5人は店から出てこなかった。

 

除夜の鐘も鳴り終えた深夜2時頃、焼き肉店から出てきたメンバーだが、取材陣からの問いかけには一切答えず、各々タクシーに乗り込んだ。

 

ただ1人、稲垣だけは寒空の中、取材する記者を気遣ったのか

 

「こんなに遅い時間までお疲れ様でした」

 

と、声をかけた。

居合わせた客は

 

「2階の個室を貸し切っていました。1階には一般客も大勢いて、入り口付近の客は仰天していましたよ。“いま上がってったの、中居じゃね?”って。その後、メンバーが続々と来るもんだから、震えましたね。とんでもない瞬間に立ち会ってしまった、と」

 

「10時に閉店だったのですが、他の客が退店後もメンバーは宴会を続けていました。この店、個室内にテレビはないので、紅白を見ながら盛り上がっていたわけでもないでしょう。ずっと昔話に花を咲かせていたのかな…」

 

SMAPを知る芸能関係者は

「日付の変わる直前にはお店側に年越しうどんを用意してもらったそうです。店内でカウントダウンからの新年祝いしたんだとか」

 

マネージャーやスタッフ、業界関係者などは一切、交えなかったこの食事会だが、木村は参加せず最後までメンバーの溝は埋まらなかったのだろうか。

 

前出のSMAPを知る芸能関係者によれば

「自宅で家族と過ごしていたようです。SMAP最後の日ですから、特別な想いもあったのでしょう。4人と森くんの打ち上げを知らなかったのか、誘われたけど断ったのか。どちらにせよ、結果的に彼は参加せず家族との時間を選んだ」

 

木村は元々プライベートでは、メンバーや芸能界の知人とは過度な付き合いはしなかった。メンバーの中でただ1人、家族があり立場が違うのかも知れない。それでもなお、この日の食事会に参加しなかったことは、ファンの心は傷つくだろう。

 

木村のファンのは

「やっぱり彼だけが……とショックです。もし誘っていなかったのだとしたら4人のやっていることは余りに子供じみています。あれだけ『4対1』の構図が世を騒がせ、ファンを悲しませてきたんですから。せめてそのメンバーで打ち上げをするなら、絶対に人目のつかない場所を選ぶとか、ファンのためにも配慮すべきことがあったはず。

 

 すでに私たちはSMAPの解散で心にポッカリ穴が空いている状況なんです。最後まで後味の悪い終わり方で、不快な気持ちになるばかりです」

 

昨年12月29日からメンバーはお正月休みに入っており、この日も仕事は休みであった。ドラマの収録を控えている、木村が4日、草彅が5日から、他の3人は10日以降から仕事始めとなる。

スポンサーリンク