江宏傑&福原愛が紫色のドレスに身を包み台北で披露宴

sty1701010013-f1

 1月1日午後、台北市内で台湾のリオ五輪代表の江宏傑・福原愛夫妻がホテルで結婚披露宴を行った。披露宴の前には記者会見を開き、福原愛選手から

 

「(中国語で)メディアのみなさん、こんにちは。私は福原愛です。今日、私たちの結婚式に来てくれてありがとう。そして新年明けましておめでとうございます」

 

「(日本語で)明けましておめでとうございます。元旦にもかかわらず、わざわざ日本からたくさんの方にお越しいただき、本当にありがとうございます」

 

と来場者に感謝の気持ちを述べ、お相手の江宏傑選手からも

 

「ヨーロッパのプロリーグに参加中です。愛さんもそばにいてくれています」

 

「メディアのみなさん、こんにちは。私と小愛(愛ちゃんの意味)の結婚式に来て頂き、ありがとうございます。今日は2017年の最初の日であり、この日を選んで、私と小愛の一生の大事(結婚)を成し遂げます。17年は私にとって非常に重要な1年です。より多くの目標に向かって邁進(まいしん)します。皆さんの変わらぬ応援に感謝します」

 

とコメントをいただいた。

 

司会から「なぜ17年の最初の日に結婚式を?」と質問を受けると江選手から

 

「元々は12月31日に結婚式を予定していましたが、17年1月1日は全ての新たな始まりだと思い、私と小愛の未来の生活も幸せで楽しい始まりであるようにと願いました」

 

続けて「結婚式の準備中に大変だったことは?」と質問を受け再び江選手から

 

「実際、本当に大変でした。というのは私は欧州で卓球をしており、ずっと試合で。準備は本当に大変でした」

 

会見場所は、高級ホテル、台北晶華酒店(リージェント・タイペイ)の3階、階段踊り場を仕切る形で設定された。

 

会見はハープの生演奏が流れる中で行われ、福原選手は薄紫色のボヘミア風ロングドレス、江選手は襟元に黒のアクセントが付いたグレーの中山服で登場し、終始、笑顔で手をつなぎ、司会者からの質問に答えた。

 

2月初旬に東京ディズニーリゾートで挙式する予定だと言う。1日の台北市内で行われた披露宴には親戚やスポーツ界の友人・知人など約450人が出席した。

 

また2人は江選手が欧州のリーグに参戦するので拠点をドイツに移し生活をしており、台湾にも新居を購入し、現在建築中だという。福原選手は現在、休養中で復帰の時期については語らなかった。

 

スポンサーリンク