清原和博の現在は?逮捕後初インタビューで刺青を消す

20161223s00001173412000p_thum

 12月24日、今年の2月に覚醒剤取締法違反の罪で有罪判決が確定した元プロ野球選手・清原和博氏(49)がTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」で事件後、初めて心境を語った。

 

清原氏は番組冒頭で

 

「世の中の皆さま、そして少年野球からプロ野球、名球会、高校野球、野球ファンの皆さまのことを大変失望させ、罪を犯してしまい、本当に申し訳ありませんでした」

 

と、謝罪を行い、その後

 

「保釈された後、すぐに病院に直行しました。ずっと部屋の中でカーテンを閉じたまま」

 

と、コメントし、自身の報道については

 

「さすがに見られなかった。保釈されてからも、ほとんどテレビは見ていません」

 

と語った。

 

覚せい剤はやめられたのか?という質問には

 

「やめられたという言い方は言いづらいですが、1日1日、今日は使わなかった。じゃあ明日も頑張ろうという1日1日の積み重ねです。今は。本当に恐ろしい薬物で怪物で悪魔。そのささやきと闘い続けるのは一生続くものと思っています」

 

と、語っていた。

 

また清原氏はスポニチの取材にも応じ、更生の第一歩として右足ふくらはぎに入れた刺青を消すと明言していた。

f94bd836

インタビューでは過酷な留置場生活を赤裸々に告白し、現在は薬物治療中だと言い薬物に関して

 

「二度と手を出さないとは言えない。言い切れるのは自分が死ぬ時」

 

と、強い決意を露わにした。

 

44日間にもなった警視庁本部の留置場での独房生活は「清原」でも「番長」でもなく「114番」と番号で呼ばれ、閉ざされた空間の中で、食事中も就寝中も常に監視されていたという。

 

 「“114番、メシ!”と言われたらゴザの上に座って食べる。つらかったのは5日に1回のお風呂。独房の人間が一番最後に入るんですが、髪の毛はたくさん落ちてるし、湯船にも何かよく分からないものがいっぱい浮いている。そして“おい114番、栓を抜け”と指示される。この腕で野球をして、薬物を使い、汚いお風呂の栓を抜いている。自分の情けなさに涙が出ました」

 

覚せい剤の使用により留置場生活を送ることになった清原氏だが、屈辱と後悔の念を忘れないよう、肌身離さず持ち歩いているものがあるという。

 

それが、留置場に最初に入ったときに売店で購入した500円の青いハンカチだと言う。

 

「これだけは24時間持っていることを許された。取り調べの時も、送検の時も、裁判の時も、判決の時も、今も手放したことはありません。一生持ち歩くつもりです」

 

TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」とスポニチの取材に応じた清原氏だが、

 

「キャンプインの時期に野球界の話題をつぶしてしまった。もう迷惑は掛けたくなかった」

 

と、野球シーズンが終わるのを待って取材に応じるのを決めたという。

 

清原氏は今年2月2日に逮捕され、3月17日に保釈、5月31日に懲役2年6月、執行猶予4年の判決を受けた。

 

10月からは薬物治療を開始し、週に1回のペースで尿検査と臨床心理士のカウンセリングを受けおり、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」で安住紳一郎アナウンサーが

 

「インタビューをするにあたり、医療機関で証明書を発行していただきました。検査を実施して覚せい剤の検出は認められませんでした」

 

と、現在は覚せい剤は使用していないことを証明した。

スポンサーリンク