釈放後にブログ更新!覚醒剤使用容疑のASKA氏が冤罪?!

images-5

 12月19日、東京地検は覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された歌手のASKA(本名・宮崎重明)氏(58)が嫌疑不十分で不起訴処分となり、同日に釈放されました

 

 2014年5月に覚せい剤取締法違反などの容疑で逮捕され、先月の11月25日夜に目黒区にある自宅マンションから

 

「盗撮や盗聴をされているので確認してほしい」

 

と、自らが警察に電話をし、その際にASKA氏に不審な言動があり任意で尿検査を求め、28日午後に覚醒剤陽性反応が出た。ASKA氏が同月中旬~25日頃、都内などで覚醒剤を使用した疑いで逮捕した。

 

しかし、東京地方検察庁はこの尿がASKA氏本人の尿と立証できなかった為、嫌疑不十分で不起訴にしたと説明しています。

 

警視庁によれば逮捕後にASKA氏は、この提出された尿について、

あらかじめ用意したお茶を尿の代わりに入れた

 

と説明をし、東京地検が採尿の経緯を調べたところ、この尿は”ASKA氏のものではない”可能性が浮上し、ASKA氏も容疑を一貫して否認していたと言います。

 

この尿は警視庁の警察官とトイレで行われたが、手元までははっきり確認が出来ていなかったといい、採尿した尿の量も少なく再鑑定は行えなかったという。

 

釈放された19日、集まった報道陣は約200人。

 

ASKA氏は逮捕時と同じ服装の黒のインナーにグレーのジャケット、下は黒のパンツという恰好で東京湾岸署から姿を見せ、前と後ろの警察官に挟まれる形で駐車場にある黒のワンボックスカーに乗り込んだ。

 

報道陣から「一言お願いします!」と多くの声がかかったが、二度会釈をするのみでコメントなどは特になかった。

 

警視庁はASKA氏の逮捕後、自宅や滞在先のホテルの捜索や携帯電話やタブレット端末を押収するなどして、覚せい剤使用について捜査していたが、19日が拘留の期限となり釈放となった。

 

また、釈放後にブログを更新し、今回の釈放についてコメントしている。

 

「不起訴でした」

無罪です。

様々なことは、また、改めて書かせていただきます。

すべての行動には、理由があります。

いまは、それしかお伝えできません。

予定が、20日間もズレてしまいました。

こんなところで止まっているわけにはいきません。

やれることを、やらなくては。

みなさんを、最高のアルバムでお待ちします。

今日は、少し疲れてます。

おやすむね。

まだ、パソコンを返してもらっていないので、

初めてiPhoneからのエントリーです。

みなさん、信じてくれてありがとう。

ASKA

スポンサーリンク