スーパーマリオラン、課金は高い?安い?そもそもつまらない?

20161210_1-e1481376047614

 12月15日にリリースされたiOS向けゲームアプリ「スーパーマリオラン」だが、一部プレイユーザーから課金仕様について、物議を醸している。

 

スーパーマリオランは基本無料でプレイできるが、無料でプレイできるのは「1-3」までで「1-4」以降を楽しむには1200円の課金が必要となる。

 

要するに買い切り型のアプリだ。

 

現在、国内のスマホゲームの多くが「無料+アイテム課金」となっており、無料で課金をしないでも存分に楽しめるアプリが多数ある。

 

基本的なプレイは無料で遊べるので、課金をしないで遊ぶと言う人がとても多いうえに、有料アプリであっても300円や500円程度で買えるアプリが多い。

 

そんな中での「1200円」と言った金額は普段、課金をしないユーザーにとっては多少、手が出しにくいものとなってしまう。

 

スポンサーリンク

他のスーパーマリオシリーズの値段

2012年発売、ニンテンドー3DS用ソフト
「New スーパーマリオブラザーズ 2」4571円

 

2013年発売、Wii U用ソフト
「スーパーマリオ 3Dワールド」5700円

(メーカー希望小売価格/税別)

 

ネット上でもこの論争は多く繰り広げられている。

1200円課金仕様、肯定派の意見

 

1200円課金仕様、否定派の意見

まとめ

ツイッターで否定派の意見を探っていると、値段が高いというよりも「ゲーム自体がつまらない」と言う意見の多さに驚きました。

スポンサーリンク