スペースワールドが来年12月末で閉園、指原莉乃や田村淳から悲しみの声

f0056935_10144611

 12月16日北九州市のテーマパーク「スペースワールド」が開園から26年、来年12月末で閉園することになりました。

 

地元でない人は知らないテーマパークかも知れませんが、先月約5000匹の死んだ魚をスケートリンクの氷に埋め込んだ演出が「命を粗末にするな」「グロテスクだ」など批判を受けスケートリンクの営業中止をしたのは記憶に新しい。

 

スポンサーリンク

閉園の理由

公式な発表では「諸般の事情により」としか明らかにされていないが、入場者数の減少新たな支援企業が現れなかったことなどが理由と考えられる。

 

スペースワールドは新日本製鉄(現・新日鉄住金)八幡製鉄所の遊休地を利用して1990年に開園し、当初は観光の拠点として期待を集めました。

 

しかし入場者数は平成9年度の216万人をピークに減少傾向となり、平成17年には民事再生法の適用を申請しました。

 

閉園となれば地域経済にも打撃を与える可能性が出てくる。

 

閉園後スペースワールドの従業員はグループ会社への再雇用が決まっているといい、施設は取り壊されるとのこと。

 

地域住民には「スペワ」の愛称で呼ばれ、思い出が詰まった場所の方も多い。

 

ネットの反応は?

スポンサーリンク