吉本新喜劇の島木譲二さんが死去「大阪名物パチパチパンチ」

shimakijyouji

 12月16日午前9時6分、「大阪名物パチパチパンチ」などのギャグで知られる吉本新喜劇の役者、島木譲二さん(享年72)が脳溢血のため大阪市にある入院先の病院で亡くなりました。同日、よしもとクリエィティブ・エージェンシーが発表した。

 

通夜は17日午後7時から行われる予定で、葬儀告別式は18日正午から大阪市淀川区野中北1の1の77、新大阪典礼会館で行われる。

 

喪主は妻の濱昭子(はま・あきこ)さんが務めるという。

 

島木さんは2010年12月26日のNGKでの吉本新喜劇出演が最後の舞台を最後に、2011年1月からは仕事を休養し、大阪市内の病院に通院し治療を受けていましたが、翌月には早期回復を目指し自宅療養に専念することを発表していた。

 

所属事務所のよしもとクリエィティブ・エージェンシーによると

 

「本日、体調が悪化し、最期は病院で奥さまに看取られました」

 

と、コメントしている。

 

スポンサーリンク

島木譲二さんってどんな人?

本名、濱伸二(はま しんじ)
兵庫県尼崎市出身
1944年9月13日生まれ
元お笑い芸人で俳優や元プロボクサーでもある。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

 

ボクサー現役時代には「西日本ミドル級新人王」を獲得したこともある。
プロボクサー引退後の1980年に吉本興業に入り、同年、吉本新喜劇の初舞台を踏む。

 

有名なギャグ

大阪名物パチパチパンチ

上半身裸で、2、3回手を前に突き出してから胸を平手で何度も叩く

 

ポコポコヘッド

アルミの金色の灰皿を2枚重ねて頭を叩く。

 

カンカンヘッドは、男のロマン

一斗缶を頭に何回も叩きつける。

 

この他にも体を張ったギャグを多数持っており、コワモテのルックスとは裏腹にかわいらしいギャグで人気を博した。

 

ネットでの反応

スポンサーリンク