ほのかりんが事務所と契約解除、ツイッター削除となった川谷との動画あり

first-12113-20160928-6612-magazine_l

 12月16日、ロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音(28)との飲酒デートが報じられたタレント・ほのかりんが所属事務所から「契約解除」された。

 

所属事務所の公式サイトでは

 

「弊社所属ほのかりんについて 弊社契約規定(法令順守に関する)違反につき、一切のマネージメント及び所属契約を解除させていただきましたことをご報告申し上げます。ファンの皆様、関係者の皆様、今までご支援くださいました皆様には多大なるご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」

 

と報告。

 

ネット上では、このほのかりん契約解除報道の真相について、別の切り口からの意見が現れている。

 

それが川谷絵音が謹慎前最後のツイッター投稿した際に「ほのかりん」というアカウントが川谷の投稿にリプライした。

 

川谷もこの「ほのかりん」アカウントはフォローしている。

 

その後、このアカウントで川谷と大阪旅行に行き、SNOWでのツーショット動画をつぶやいたのだ。

 

この呟きにネットが炎上。

 

「ほのかりん」アカウントもすぐに削除された。

 

こちらが問題の動画である。

 

9月29日に発売した週刊文春では、当時まだ19歳だったほのかりんとの都内の飲食店で飲酒していたことを報道した。

 

これを受け、川谷の所属事務所が10月3日に

 

「川谷絵音が未成年者と飲酒をしていた事実がありました。このことを重く受け止め、両バンド(ゲスの極み乙女。、indigo la End)ともに、現在既にご案内済みの公演を終えた後、当面の間、活動を自粛することとしました」

 

と発表した。

 

12月3日のツアー最終公演を最後に当面の活動休止とニューアルバム「達磨林檎」の発売も延期した。

 

ほのかりんは当時、出演予定だった舞台「Luna Rossa」やレギュラー番組NHK Eテレ「Rの法則」を降板した。

 

スポンサーリンク

ネットでの反応

スポンサーリンク