ノロウイルスの症状が出る前に家庭で出来る予防法!

norowils

 

 12月13日、国立感染症研究所はノロウイルスなどが原因の感染性胃腸炎の患者が急増し、全国の小児科約3000か所からの報告をまとめた定点調査によると、昨年の同時期の3倍近くにもなる、1医療機関当たりの患者数は、直近の1週間(11月28日~12月4日)で今季最高の17・37人に達したと発表した。これは過去10年で患者が多かった2006年と12年に次ぐ水準となる。

 

全国的に蔓延しているノロウイルスは10都道府県で警報レベルが出ている。

宮城(45・75人)
山形(33・47人)
三重(27・71人)
埼玉(26・73人)
東京(26・64人)
神奈川(23・62人)
奈良(23・09人)
宮崎(20・83人)
千葉(20・24人)
兵庫(20・12人)

 

スポンサーリンク

ノロウイルスってどんなウイルス?

非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一属。

 

感染者の糞便や吐瀉物、あるいはそれらが乾燥したものから出る塵埃を介して経口感染するほか、河川を経由して蓄積された貝類の摂食による食中毒の原因になる場合もある。

 

ノロウイルス属による集団感染は世界各地の学校や養護施設などで散発的に発生している。

 

感染予防はどうやってするの??

1、徹底した手洗い

外出先で、帰宅したとき、とにかく手洗いを行い、ノロウイルスは非常に小さなウイルスなため、2度洗いを心がけましょう。

指先やツメの間などは特に念入りに!

 

そして可能であれば、「洗って」「拭いて」「消毒」ここまで出来ればバッチリです!

 

2、清潔なトイレを使用

 

ノロウイルスの集団発生ではトイレ内の汚染が多く報告されています。
トイレの中でもっともウイルスが検出されるのは便座です。

 

トイレの中はドアノブ、水を流すレバー、ペーパーホルダーなどいたるところに菌が潜んでいます。

 

トイレから出る際にも徹底した手洗いを行いましょう。

 

3、汚物・嘔吐物の処理

1gあたりに含まれる、ウイルスの数

 

ふん便・・・約1億個/g
吐物・・・約100万個/g

 

手袋、マスク、シューズカバーなどを着用し、絶対に触れないように処理しましょう。

 

4、自身の健康管理

ノロウイルスは経口感染、接触感染、飛沫感染することがあるため手洗い・うがいを励行しましょう。

 

ノロウイルスかも?と思ったら職場へ連絡し、自宅療養しましょう。

 

5、食品の加熱処理

ノロウイルスによる食中毒を防ぐためには、食品の中心温度85~90℃で90秒間以上の加熱が必要です。

スポンサーリンク