モー娘。新メンバーは横山玲奈と加賀楓!研修生2人が昇格

mig

 12月12日、東京・日本武道館で行われた「モーニング娘。’16 コンサートツアー秋~MY VISION~」新たな13期生のメンバーとなる加賀楓(17)横山玲奈(15)の2名が発表された。2名は下部組織のハロプロ研修生から昇格という形で現メンバー11人に加わる。

 

 ライブでは4曲目の「強気で行こうぜ!」が歌い終わるとメンバー全員がステージに集合しリーダーの譜久村聖(20)から

 

「今日は、待ちに待った13期生のお披露目の日です。新加入メンバーを発表します。横山玲奈!」

 

と、紹介が上がると1万人のファンから興奮の歓声が起こり、ステージ後方から搭乗した横山玲奈はこれからの意気込みをアイドルらしく可愛くあいさつした。

 

 

続けてリーダーの譜久村から

 

「実はもう1人います。加賀楓!」

 

と、紹介すると会場は地響きのような歓声が巻き起こり、加賀は緊張した様子でステージに上がり

 

「新メンバーとして一から努力して、先輩たちをどんどん置いていっていけるように頑張ります」

 

意気込みを強い意思で語った。

 

 

横山は研修期間約3カ月とハロプロ研修生からのスピード出世を果たし、

 

「パフォーマンスはまだまだですけど、笑顔と元気でモーニング娘を盛り上げていきたいです」

 

と宣言、憧れのメンバーは11期の小田さくら(17)と語っており、横山や中学2年生のときに学校のブラスバンド部でアルトサックスを担当し、全国大会にも出場経験があるという。

 

研修期間約3カ月という横山とは反対に加賀は4年間もの間、研修生として下積みを積んできた。当時はなかなかメジャーグループに昇格できずに

 

「ここ1年間はどうしようと思って、家族に『辞めたいんだ』と相談していました。それでも家族やマネジャーさんの励ましの言葉があったからやってこれました」

 

と、苦労を語ったが紛れもない努力家である。

 

 

加賀の憧れのメンバーは元9期メンバーの鞘師里保(18)

 

「ダンスも歌もかっこよくて、憧れました」

 

と鞘師への思いを語った。

 

そんな加賀は小学3年生のころに剣道部に所属しており

 

「全国大会で武道館に来たことがあるんです。補欠だったので試合には出れませんでしたけど」

 

と、思い出を振り返った。

 

横山と加賀は研修生歴最長と最短の組み合わせになり、今後は新メンバーを含む13人での活動となり、年明けとともにモーニング娘。’17へと移っていく。

 

リーダーの譜久村は今後についてこうコメントしている。

 

「今日は13期メンバーが加入して、12期メンバーが先輩になって、みんな新しい役割が増えてまた変わっていくスタートの日なんじゃないかと思っています。」

 

スポンサーリンク