清水寺で発表、今年の漢字は「金」オリンピックやピコ太郎の衣装

kanji2016

 12月12日、日本漢字能力検定協会が京都市東山区の清水寺で平成28年の世相を漢字一字で表す「今年の漢字」を発表した。

 

森清範(せいはん)貫主(かんす)が縦約1.5メートル、横約1.3メートルの越前和紙に大きな筆で豪快に書き上げた2016年を表す漢字は「金」

 

 金が選ばれたのは平成12年、24年に続いて3回目であり、15万3562通の応募のうち、「金」は2位と約2000通近くも差を付け最多の6655通だった。

 

スポンサーリンク

今年の漢字が「金」に決まった理由は?

●リオデジャネイロ五輪・パラリンピックで日本選手により金メダルラッシュ

●東京五輪の巨額経費問題

●米大統領選を制したドナルド・トランプ氏の金髪

●舛添要一・前東京都知事の政治資金の私的流用問題

●金色の衣装のPPAPで話題となったピコ太郎

などの理由が上がっている。

 

記者会見の際、森貫主はこうコメントしている。

 

「国民は活躍した日本人をよく見ているのだなと思った。来年は自然災害や事故のないような年になることを祈ります」

 

2位以下の漢字

2位「選」4723通

18歳選挙権導入や電力自由化で個人の選択肢が増えたことを表す「選」

3位「変」4619通

英国の欧州連合(EU)離脱など世界情勢の変化や、鳥取、熊本で起きた地震などの天変地異から「変」

4位「震」
5位「驚」
6位「米」
7位「輪」
8位「不」
9位「倫」
10位「乱」

 

ネットの意見

 

スポンサーリンク