フライデー、コカイン吸引疑惑の成宮寛貴にビートたけし、和田アキ子等からコメント

a3b72e1e49e5a1695c467f7f6907edfb6c7a6ee7

 週刊誌フライデーによる「コカイン吸引疑惑」で芸能界引退を発表した俳優・成宮寛貴(34)について芸能界で大御所タレントが相次いでコメントを残している。

ビートたけし

 12月10日、タレントのビートたけし(69)がTBS系情報番組「ニュースキャスター」で成宮さんについてエールを送った。

「やめなくたっていいんじゃないの。責任取るような仕事じゃないから、もっと俺みたいに図々しく。相手が『フライデー』だから行きゃあいいんだよ。じゃんじゃん嫌がらせの電話とか…怒られちゃうか。私はあんまり言えた柄じゃないんで、私は具体的にもっと悪いことしちゃったんで」

 

「いろんなことを言われるのはしょうがない。それが芸能界だから。人から注目を浴びる商売は、いい面と悪い面が同時にないとダメだね。いろんなことを言われるってことは、それだけ気にかけられてる、売れてるということだと思わないと」

 

と、自身の過去のフライデー襲撃事件をネタにし、ビートたけしにしか言えない持論を展開し、芸能界を生きる処世術ともとれるアドバイスをした。

 

スポンサーリンク

和田アキ子

 12月10日放送の自身のラジオ番組「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」にて今回の一件にコメントをした。

 

「成宮さん、どうしちゃったんでしょうかね。フライデーを読みましたけどちょっと生々しかったですね」

 

「人には絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい…」

 

「新聞によっては“ゲイ告白”ってのもありましたけど、今はゲイ、レズ、バイセクシャルは、人はあまり気にしないのでは…。同性婚も日本は地域によってはOKだし、そんなことで事務所を辞める、芸能界を辞めるのは…」

 

「かえって、自筆でファクス書かれたってことは、これもう認めてることになるんじゃないのって、私は思うんですけど」

 

成宮さんを気遣い心配する一面もあれば、薬物疑惑が晴れていないことも含めコメントを残した。

松本人志、石原良純

12月4日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で2人の持論を展開。

こちらの記事を参照ください。

 

尾木ママ

12月9日、“尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(69)が自身のブログを更新し、アウティング問題等を指摘。

こちらの記事を参照ください。

 

竹中直人

 12月10日、東京・下北沢で行われた主演舞台あいさつ「直人と倉持の会vol.2磁場」で報道陣に対し成宮さんに対しコメントを残した。

 

「自分は今、こういう場所にいますから、ああいう状態になってしまったというのはその人じゃないとわからない苦しみだと思う。簡単に一言では言えないですね、想像するだけで」

「言えないなぁ…。そんな軽々しく一言では言えない。同じ仕事をしている人間ですから。本人を想像するだけで、頑張ってなんて軽いことも言えない」

 

 映画「あずみ」で共演したことのある竹中直人は成宮の現状、心情を察しコメントを残した。

 

やくみつる

「本人の意思による引退という体は取っているが、限りなく”解雇”に近い印象を受けた」

「事務所として被害を最小限にとどめたかったのでは」

「引退して、これから食っていかなくてはいけない。隠れて生きていくことを選んだようだが、これは(役者として)出続けるより酷な人生だと思う」

 

やくみつる氏なりの分析と成宮さん今後の心配をした。

 

乙武洋匡

 12月9日、乙武洋匡氏がツイッター上で今回の一件についてこう発言している。

「クスリの真偽についてはわからないが、セクシャリティを揶揄するような記事には憤りを感じざるを得ない。」

 

IZAM

映画「溺れる魚」で共演したIZAM氏はツイッターで成宮さんに対しコメントをしている。

「どうしてだよ…映画デビューの時、あんなに夢を語ってたじゃないか…監督を筆頭に皆で寒い中、頑張った『溺れる魚』の現場を思い出してくれ」

 

また自身のブログでもこうコメントしている。

「寛貴、いつでも戻ってくればいい。ずっと待ってるから。これまで寛貴は、忙しかったろうから少しゆっくりするのもいいかもね。ただ、必ず戻ってきて欲しい。いつか、一緒に舞台で芝居したいぞ」

スポンサーリンク