マスコミ批判!?2016FNS歌謡祭、長渕剛が名曲の乾杯で吠えた!

f0097c4c0924f896a9ef8b63d524aaa4

 12月7日フジテレビで生放送された「2016FNS歌謡祭 第一夜」に生出演した長渕剛。名曲「乾杯」を披露したが、イントロ部分が大幅にアレンジされ、マスコミや政治に向けた熱いメッセージが歌われた。

 

 ギター1本を持って現れた長渕剛はコツコツと小気味よくアコースティックギターを叩き、奏でるギターに合わせ「ふぅっぅう”ぇぇぇーい!!」と魂の叫びをあげ「アメリカの大統領が誰になろうとも、凶と出るか吉と出るかって俺たち次第じゃねぇか、今日もマスメディアの誰かが無責任な話ばかりしている」「歌の安売りするのやめろ、日本から歌が消えていく日本から言葉が消えていく」「俺達の東北、仙台、俺達の九州、熊本、そして福島…オリンピックもいいんだけどよぉ、若者の貧困どうする 地域の過疎化どうする 騙されねえぜマスコミ、騙されねえぜヒットチャートランキング、騙されねえぜワイドショー」と、日本の音楽業界、日本が抱える問題などを長渕剛なりに歌い上げた。

 

この魂の叫びを聞いた小倉智昭キャスターは「長渕さんの言葉、身にしみました」としみじみと話した。 

 

 この乾杯のイントロ部分のアレンジだが、個人的に1991年にリリースされた「JAPAN」の1曲目「JAPAN」や「親知らず」、2002年のシングル「静かなるアフガン」などというメッセージ性の強い楽曲を彷彿とさせるような、歌詞であった。

 

ネット上でも今回のこの長渕剛の演出に驚いている人も多い。

スポンサーリンク