千葉大医学部、集団強姦事件の逮捕者、山田兼輔の親が超絶ヤバイ

20161206084107258
20161206084107258

 先月末に逮捕された、千葉大学医学部の男子学生3名だが学校側や警察側が逮捕から5日まで実名公表をしなかった。警察側のコメントでは「共犯者を含めた捜査上の支障があること」「被害者と警察当局との関係を重視したこと」と説明をしていたが、ネット上では”ある大物人物の影響”から隠ぺい工作などが行われていたのでは?と噂されている。

 

スポンサーリンク

”ある大物人物の影響”とは??

逮捕された学生のうち3人のうち1人、山田兼輔の親である。

この親に対し法曹関係者はこうコメントをしている。

 

「Aの曽祖父は最高裁判事、弁護士会会長を務め、高祖父は衆院議員、司法次官を歴任するなど、華々しい経歴の持ち主です。
Aの父親は弁護士として上場企業の社外監査役をこなし、実兄も2014年に弁護士として父親が代表の事務所に入所しています。
高祖父から5代続く弁護士一家で、親戚にも著名な法律家や大学教授がゾロゾロいる。法曹界きっての名家といわれています」

 

名門弁護士の家系
第一に、山田家は、喜之助に始まり、作之助、弘之助、洋之助、耕輔と五代にわたって続く弁護士の名流であり、
しかも、その親族も、山田正三、岡松参太郎、小林俊三、高倍権太郎、山田隆子、山田摂子と、名だたる法律家が締羅星のごとく揃っている。

http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/handle/2324/1785513/shichinohe_1785513.pdf

山田喜之助 衆院議員 司法次官
http://www.db1.csac.kansai-u.ac.jp/hakuen/syoin/retsuden040.html

山田作之助 最高裁判事
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/hanzi_itiran/

山田洋之助 弁護士 上場企業の社外監査役
http://ygands.com/attorneys/yamada/

山田耕輔 弁護士 2014年に父親の弁護士事務所に入所
http://ygands.com/attorneys/kosuke-yamada/

山田兼輔 千葉大学医学部5年生 ラグビー部

 

 

ネットでは逮捕者、山田兼輔の親が法曹界のエリートだから警察は公表をしぶっているのでは?と囁かれていたが、警察は圧力に対しては

──容疑者の1人は超の付くエリート法曹一家の子息ですが、ご存じですよね。

警察
そこまで(すごいとは)把握できていませんでした。ただ把握していようがしていまいが、捜査にはまったく関係ありません。

──圧力があったということは一切ありませんか。

警察
まったくないです! そんな圧力があって警察がひるむようなら、日本の警察も終わりです。そう言われること自体が私はちょっと気分が良くない。そんな気持ちで仕事をやっている警察官はいない。そんな失礼なことを言うなんて。ほんと失礼だと思いますよ!

 

警察は圧力に対しそういった事は全くないとコメントしているが、週刊誌では警視庁や千葉大が隠ぺいする理由は逮捕者の親が法曹界のエリートだからと語っていた。

 

実名公表がされた山田の家計は蜂の巣をつついたように大騒ぎであろう。

 

法曹界きっての名家という家計だが、父の持っている弁護士事務所など多くの場所で事件の影響を受けるであろう。

スポンサーリンク