2016年小学生が欲しがる人気ゲーム7選!クリスマスプレゼントに♪

3-e1476775947304
3-e1476775947304

 2016年プロが選んだ子供が欲しがるクリスマスプレゼント、女の子編男の子編と紹介をさせていただきましたが、最近の子供はNintendo DSやwiiUなど持っている人も多いですよね。公園などに出かけても友達同士で一緒にプレイしている姿はよく見かけます。私が子供の時なんかは目が悪くなる、勉強をしなさい、とあまりゲームは与えられませんでしたが、今はコミュニケーションツールの一つとして必要なのかも知れないですね。

 ゲームには流行りや廃れなどがありますから、予めお子さんに欲しいゲームなど聞いておくのも一つの手だとは思うのですが、2016年12月現在の小学生に人気のゲームソフト7選を発表していきます!

Nintendo 3DS

●任天堂ポケットモンスター サン

100000001003172787_10204_003

メーカー小売希望価格:4,980円(税別)

今回の冒険の舞台である「アローラ地方」はハワイ諸島がモデルになっている模様。そのため海を隔てて4つの自然島と1つの人工島が存在するという、今までのシリーズにはない舞台構成となっている。アローラ地方では、人間とポケモンがとても近い距離で共存しており、他の地方とは異なる独自の文化が発展しているとの事。

 

スポンサーリンク

●任天堂ポケットモンスター ムーン

00000263_02

メーカー小売希望価格:4,980円(税別)

今回の冒険の舞台である「アローラ地方」はハワイ諸島がモデルになっている模様。そのため海を隔てて4つの自然島と1つの人工島が存在するという、今までのシリーズにはない舞台構成となっている。アローラ地方では、人間とポケモンがとても近い距離で共存しており、他の地方とは異なる独自の文化が発展しているとの事。

 

●任天堂マリオパーティ スターラッシュ

0778c8ea

メーカー小売希望価格:4,700円(税別)

すごろく風のボードゲームとさまざまなミニゲームを楽しめるマリオパーティシリーズの最新作だ。今作は「全員で同時にサイコロを振って同時に進む」という新しい遊び方を取り入れたことで,待ち時間の少ない,テンポの良いゲーム進行を実現しているという。多彩なモードや,50種類以上の新作ミニゲームも注目のポイントだ。

 

●妖怪ウォッチ3 スキヤキ

yw3_sukiyaki3

メーカー小売希望価格:4,800円(税別)

12月17日公開の「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」と連動したストーリーが展開。なんと劇画調になったケータやジバニャンが登場するようだ。
 また,最大4人が参加できる新モード「妖怪ウォッチバスターズT(トレジャー)」が搭載され,本作限定の妖怪も登場するとのこと。

 

●モンスターハンター ストーリーズ

img_package

メーカー小売希望価格:5,800円(税別)

ソフトの価格はパッケージ版が5800円で,ダウンロード版が5546円(共に税別)。CEROレーティングはA(全年齢対象)となっている。予約は受付は6月2日開始だ。
 なお本作には限定特典やショップ別特典,「モンスターハンタークロス」のセーブデータを持っている人に向けた連動特典も用意されている

 

Wii U

 

●Minecraft : Wii U EDITION

aumedu

メーカー小売希望価格:3,888円(税込)

Minecraftは思うがままの世界を作りあげ、探検できるゲームです!
Minecraftはブロックを置いたり冒険へ出かけたりするゲームです!

ランダム生成された世界を探検して、簡素な小屋から豪華絢爛な城まで、さまざ まなものを作りましょう。クリエイティブモードで無限の資源を使って自由に遊 ぶのか、サバイバルモードで地中深く掘り進み、武器や防具を作って危険なMob と戦うのかは、あなた次第!

 

●ペーパーマリオ カラースプラッシュ

81341hdxbl-_sl1131_

メーカー小売希望価格:6,156円(税込)

 ペーパーマリオシリーズの最新作となる本作は,ペーパークラフトのような世界でマリオが活躍するアクションアドベンチャーゲームだ。クッパ軍団によって色が奪われてしまった「イロドリアイランド」を元に戻すため,マリオは相棒のペンキーと共に冒険の旅へ出る。

 マリオが向かう先には,ペンキや紙にちなんださまざまなしかけが待ち受けている。プレイヤーは,ペンキ,そして知恵を絞ってそれらの謎を解いていく。イロドリアイランドには150種類以上の「カード」が存在しており,プレイヤーはそんなカードとアクションを駆使して敵を倒したり,しかけを解いたりしながら,奪われた色を取り返すべく進むのだ。

スポンサーリンク