2016流行語大賞発表!年間大賞はカープ緒方監督の神ってる!

news_20161201212657-thumb-645xauto-99904
news_20161201212657-thumb-645xauto-99904

2016年12月1日、毎年恒例の「2016ユーキャン新語・流行語大賞」が都内で発表され、栄えある年間大賞には、7度目となる25年ぶりの優勝を決めた広島東洋カープの緒方孝市監督が鈴木誠也選手に交流戦での2試合連続サヨナラ本塁打を放った活躍を評した「神ってる」が選ばれた。    この「神ってる」は「神がかっている」を若者風にアレンジした言葉である。 この日、都内で行われた表彰式に参加した鈴木誠也選手は「ぼく自身が言った言葉ではないのですが、本当にうれしい。優勝した年に受賞できたことを一生忘れないと思います」と喜びのコメントを残した。 昨年の「トリプルスリー」に続けて2年連続の野球界からの大賞受賞となった。 しかしネットではこの流行語大賞受賞に関して納得をしていない人も多い様だ。

そのほかトップテン入りした流行語はサッカー日本代表のDF長友佑都選手が愛する女優の平愛梨へ発した言葉「アモーレ」 タレント・ベッキーと人気バンド「ゲスの極み乙女。」ボーカル、川谷絵音の不倫報道を皮切りに芸能界で続々と発覚したスキャンダルを称した「ゲス不倫」 日銀の大規模緩和による「マイナス金利」 漫画、アニメ、ドラマなどの撮影地や舞台を訪れる「聖地巡礼」 アメリカ大統領選挙で過激な発言で物議を醸し社会現象にもなった「トランプ現象」 世界的に人気となった小坂大魔王演じる「PPAP」 東京の豊洲市場の問題の「盛り土」 待機児童問題で大きな議論をおこした「保育園落ちた日本死ね」 世界規模で大人気のスマートフォン向けアプリ「ポケモンGO」 選考委員会のタレントやくみつるはこうコメントしている。 「ことしは早い時期からネガティブな言葉を中心にさまざまな言葉が登場したが、最終的には、政治、経済、芸能などすべての分野で強い言葉が出てきた1年だった。中でも大賞の『神ってる』は、言葉のいいやすさとあわせてことしを代表する言葉だったと思う」 「PPAP」でトップテン入りに選ばれたピコ太郎さんは会場と電話でつながりこう喜びのコメントを残している。 「この世界的な流行を世の中でいちばん予想していなかったのは私です。この間も、韓国やシンガポールに行くとものすごい熱狂ぶりで、本当にみんな聞いて応援してくれていると実感できた」

スポンサーリンク