朝ドラ、べっぴんさんの加藤ローサ似でかわいい芳根京子って難病?

yoshine

2013年にフジテレビ系ドラマ『ラスト♡シンデレラ』で女優デビューし、その後、『リーガル・ハイ スペシャル』やNHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』で朝ドラで仲間由紀恵の娘役を演じるなど、活躍の場を広げている芳根京子さん。

ネットで彼女のことを検索すると「加藤ローサ似」や「難病、病気」と言った気になるワードが出てくる。

まずは加藤ローサ似の件から探ってみよう。

加藤ローサ

360x270xb774625aef5008f493ef3228 rosa

芳根京子

355x355xfcec2cd8c04d9d9769d6a6c2 yoshine1

 

確かに似ていますね。
目元や鼻、顔の輪郭などそっくりに感じます。

しかし、芳根京子さんも加藤ローサさんも恐ろしく可愛いですね。

難病に関して

ギラン・バレー症候群

この病名をご存知でしょうか?

筋肉を動かす運動神経が傷害されて、両手両足に力が入らなくなる病気です。約3分の2の患者さんが、発病の1-2週前に風邪をひいたり下痢をしたりしています。手足のマヒの程度は発病してから1-2週以内にもっともひどくなり、重症の場合には呼吸もできなくなります。

 

芳根京子さんも実は中学2年の時にこの病気を発症しました。
しかし彼女の場合は自然治癒で完治したそうで本人は「病気が完治した後走るのがが速くなった」とも話しています。

再発の可能性もほぼ無いそうなので、本当によかったですね。

今後の活躍もますます期待しています♪

スポンサーリンク